GI値を意識できていますか?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

INFINITY 代表の川西翔太です。

 

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回は、

3種類の糖質について

というテーマでお伝えしました。

3種類の糖質について

 

今回は、

GI値を意識できていますか?

というテーマでお伝えしていきます。

 

糖質を患者さんに指導していくのは

とても大切です。

 

私の院に来られている患者さんも

重症な方が多いのですが

やはりそのような方ほど

生活習慣や糖質の摂り方

乱れていたりする方が多いです。

 

私の院では

このような食の知識を

ステップレターのような形で

患者さんにお渡しして読んで勉強して頂いています。

 

症状を改善させる為には

糖質や脂質など

かなり重要な栄養指導になります。

 

では、

GI値とは何なのかというと、

消化・吸収されたものが

血糖に代わる速度のこと

となります。

 

なので、

高GI値といえば

 

砂糖、パン、麺類、甘いもの、ジュースなど

血糖が早く変わる分、

すぐにエネルギー源になるので

食べたあとすぐに元気になったり、

目が覚めたりします

 

低GI値というと

米や玄米、果糖、豆類などです。

 

では、

どういうことが起こってくるのかというと、

高GI値のものを食べると

血糖が上がって膵臓が働き、

インスリンを分泌すると

血糖が下がります。

 

それを上げようとすると、

膵臓からグルカロンや

副腎からアドレナリンが出て、

また血糖が上がります。

 

なので、

急激な乱高下を作ってしまうので

かなり内臓器官に

負担をかけてしまいます。

 

血糖値が上がると

すぐに元気になったりするのですが、

あとで眠くなったり

精神的にムラが出たりします。

 

なので、

こういうことが起こらないように

なるべく

低GI値のものを摂ることを

心掛けて下さい。

 

これは

脱灰や血流が下がること

に繋がりますので

 

是非、

血糖指導の必要な患者さんにはGI値を意識して

臨床でも内臓治療と掛け合わせて、

指導して頂きたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92