骨連鎖性脊柱管狭窄症!~肩甲上腕関節~

こんにちは!

「健康の在り方を選択できる文化を創る協会」

INFINITY公式ブログをご覧頂き、ありがとうございます!

テクニカルアドバイザー 石原大祐です。

 

前回も骨連鎖性脊柱管狭窄症の話で

股関節でしたが。

 

 

今回も

骨連鎖性の脊柱管狭窄症

になります。

 

 

筋膜の連鎖性は

近年色々なメディアやセミナーでも

取り上げられていますが

 

 

骨どうしの連鎖性の破たんは

見落とされている事が多いです。

 

今回は

肩甲骨と上腕骨の関節

肩関節です。

 

肩甲骨と上腕骨のおさまりが悪いと病院で言われた

メキメキ、ボキボキというなど

連鎖破たんを起こしている方に多いです。

 

肩関節は球関節の特性状

色々な方向に動きます。

 

逆にとらえますと

色々な方向のしわ寄せを受けます。

 

 

更に腱板や胸筋などインナーアウター影響力のある筋もくっついている為

最終的なしわ寄せを背骨が受けてしまいます。

 

それが背骨にきたしている方が

脊柱管狭窄症としていわれている人もおります。

 

この部位の特徴としては

軸圧をかける際にこれらの筋の硬結ポイントをおさえつつ

調整圧をくわえる事がポイントになってきます。

 

詳しくは↓

(動画)https://youtu.be/hbJOFNoLIBI

 

 

 

 

どうしても患者さんは、

痛みや症状がでる部位や状態に

意識が向かいます。

 

我々治療家はもっと広い視野でとらえる必要があります。

ぜひ広い視点で多くの患者さんに貢献してください。

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよ【INFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92