頭蓋仙骨療法を使う時のコツ〜part.2〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

 

Infinity 代表の川西翔太です。 

 

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます! 

 

 

前回は、 

頭蓋仙骨療法を使う時のコツ〜part.1〜 

というテーマでお伝えしました。 

復習はこちらからどうぞ 

頭蓋仙骨療法を使う時のコツ〜part.1〜

 

 

今回は、 

頭蓋仙骨療法を使う時のコツ〜part.2〜 

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

前回は解剖のイメージやリズム、

骨の動きを感じることについてお伝えしました。 

 

【PIP関節でタッチ】 

実際に頭蓋仙骨療法をするときに 

どのように触っていくのかと言いますと、

対象物は骨になるので 

こちらも骨で触る必要があります。 

 

私が最初によくやったのが、

PIP関節で引っ掛けて動かしたりするのがおすすめです。 

慣れてきたら手のひらの骨でも動かすことができます。 

 

80%は触診でコンタクトできるか

残りの20%は動かしたい方向にこちらが意識を持っていく

というパワーバランスでやって頂くと、

スムーズに骨を動かすことができます。 

 

 

【エネルギーを伝えるパイプ役】 

患者さんと治療者、さらに上からのエネルギーがあり、

それをこちらがパイプ役になって伝えます。 

そして、悪いものを治療者を通して上に返す。 

自然治癒力を最大限に促進するということを意識してします。 

 

 

【姿勢・身体操法】 

治療者の身体や腕の使いかたなどが

施術に影響してきますので

その辺りも意識して頂きたいと思います。 

 

次回は姿勢や身体操法についてもう少し詳しくお話ししたいと思いますので

楽しみにしておいてください。 

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました! 

 

それでは、また明日!

川西 翔太

追伸

いよいよ【INFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

INFINITY【公式メルマガ】

INFINITY