頭蓋仙骨療法を使う時のコツ〜part.1〜 

 

こんにちは! 

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

Infinity 代表の川西翔太です。 

 

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます! 

 

前回は、

頭蓋骨の触診 

というテーマでお伝えしました。 

復習はこちらからどうぞ 

頭蓋骨の触診

 

 

今回は、

頭蓋仙骨療法を使う時のコツ〜part.1〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

実際に治療をする時のコツを

2回に分けてお伝えしたいと思います。 

 

【解剖のイメージ】 

1つ1つの骨の形や場所、縫合、繋がりのイメージを持つことが大事です。 

 

 

【リズムに同調】 

施術前と施術後のリズムの変化や屈曲伸展で出す時と戻す時では 

どちらが強いのか弱いのかなどを感じられることが大事になってきます。 

 

 

【動きを感じる】 

治療していくときに1つ1つの骨の動きを感じることができないと 

調整したときに緩みや動きを感じられなくなります。 

 

 

以上のことを意識していただければ

治療の成果が上がってきます。 

 

 

やはりここは基礎的なところになってきますので 

何かにつまずいたときは

基礎に戻ることが大事になってきますので 

是非意識して頂きたいと思います。 

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

追伸

いよいよ【INFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

INFINITY【公式メルマガ】

INFINITY