重症の頭痛・首肩こり×神経アプローチの関係

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity 代表の川西翔太です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

 

 

 

今回は、

重症の頭痛・首肩こり×神経アプローチの関係

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

重症の頭痛・肩こりの方に

 

筋膜や関節、内臓、頭蓋のアプローチと

 

栄養指導をして改善する患者さんも

 

もちろんいらっしゃいますが、

 

中には改善しない方も

 

いらっしゃると思います。

 

 

 

 

 

そういった時に、

 

どういった所を治療すれば

 

更に改善できるのかを

 

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

【横隔膜神経】

 

内臓をしてもなかなか整わない

 

という方は、

 

内臓が下がって横隔膜神経が引っ張られて

 

頚椎が歪む場合があるので、

 

その場合は神経自体を

 

施術していく必要があります。

 

 

 

 

 

 

【胸髄】

 

頭痛は胸髄と関係しています。

 

特に出やすいのは

 

(Th3-Th9)の胸髄です。

 

脊髄まで意識して治療ができているか

 

が大事になってきます。

 

 

 

 

 

 

【交感神経節】

 

交感神経が優位になって血流が悪くなり、

 

頭痛を起こす方がすごく多いので、

 

交感神経にアプローチしていくと

 

頭痛の改善率が上がります。

 

 

 

 

 

筋膜や関節、内臓、頭蓋、栄養以外の方法も

 

ぜひ臨床でやって頂ければと思います。

 

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

それでは、また明日!

 

川西 翔太

 

 

追伸

頭痛改善アプローチを学べるセミナーはこちら

①神経×筋反射アプローチセミナー

https://goo.gl/tbrgu4

 

②血管×内臓栄養アプローチセミナー

https://goo.gl/voSAow