靭帯×重心×しびれセミナー2月3日開催!残り1名

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity テクニカルアドバイザーの

石原 大祐です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

 

今日は 

 靭帯×重心×しびれセミナー

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

□既存の治療に限界を感じている

□筋肉や筋膜の施術を学んだがもどってしまう。

□1回の治療時間が40分以上かかってしまう。

□1日7人以上施術するとぐったりしてしまう。

 

 

 

 

本日も患者さんのために

成長できるセラピストに向けて

発信していきたいと思います。

 

 

 

 

写真の患者さんは

私の院に実際に来られた患者さんです。

(当然ながら、ご本人さまの許可をいただいてあります。)

 

 

 

右手のしびれで来院された

患者さんの症例報告です。

 

 

 

電話で問い合わせあり

お話を聞きますと…

 

 

何年も前からしびれがあり

 

既往として

乳がん、凍結肩(いわゆる50肩)

ギックリ腰など

 

 

 

口癖は

「私はヨガにエアロビに、

飲み水もモリンガ、モリンガでした。」

 

 

 

ヨガ講師やエアロビや

バレエ経験者など、

柔軟性を意識する方が

おちいりやすいのが…

 

 

 

関節が曲がる角度が多い=健康

 

 

という図式になってしまっていることです。

 

 

可動域は指標の1つです。

 

耐久力と言われる、

いわゆる踏ん張りなどの強さも大事に

なってきます。

 

 

 

スポーツの世界で言う

「バネ」や「パワー」になるところです。

 

 

 

実は無理な柔軟体操で

関節可動域は増えていても

 

 

関節の連結破綻をおこしてしまっていて…

耐久力の低下を招いている人は

かなり多いです。

 

 

 

□ボキボキ鳴らし癖がある人

□立位保持で1~2分でキツイと感じる人

□常に柔軟をしていないとこわばる感じがする人

 

 

注意が必要です。

 

 

こわばるのが悪いわけではなく

 

 

こわばらなければいけない理由があるのです。

 

 

 

そこにフォーカスがいかないと

テレビの体操やネットの情報に

踊らされてしまいます。

 

 

 

この写真の患者さんは初診時

 

 

仙腸関節の靭帯

足の1・5指のMP関節の靭帯

反対側の手関節の靭帯でした。

(当院では毎回異なる施術をします。

2回目以降は別の部位)

 

 

 

 

患部の手はかばっているだけに

過ぎませんでした。

 

 

 

 

正直、僕の施術は

見た目すごくシンプルです。

 

 

 

原因部位に

「ココでしたね!お疲れ様!」

 

と伝えるぐらいです。

 

 

それでも何年も悩んでいると言う事は

 

 

それだけ影響力のある組織といえます。

 

 

 

 

2月3日

靭帯×重心×しびれセミナーを開催します。

 

 

正直、今回限りのセミナーです。

 

 

僕は自分の院に来て、

治せない自分がいるのが

許せないです。

 

 

 

だから必死になって

関東だろうが関西だろうが九州だろうが

レベルアップの機会を逃したくありませんでした。

 

 

 

そこをさぼると、

あきらめ癖がつくのを知っているからです。

 

 

 

そして

その態度は患者さんに

一瞬で見抜かれます。

 

 

 

同じ手技、同じHP、

同じトーク、同じ説明でも

キャンセルがおこったりするのは

 

 

 

我々セラピスト側の

「意志」と「覚悟」

の違いです!

 

 

 

患者さんのすぐの悩みを解決したい

そんなセラピストにあえるのを

楽しみにしています。

 

 

 

治療家とはまだまだ可能性が

あり素晴らしい職業だ!

 

 

ガチでその事を言える

セラピストを増やしたくて…

 

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

それでは、また明日!

 

石原 大祐

 

①Infinity×ALLアプローチ協会コラボセミナー 

感情ストレスアプローチ×エネルギー治療を学びたい方はこちら 

https://goo.gl/A9rFhb 

 追伸

<2019年最新セミナー情報> 

  1. 血管×内臓栄養アプローチセミナー  

https://goo.gl/voSAow 

  1. 靭帯リリース×痛み・しびれ改善セミナー  

https://goo.gl/aVEQ8P 

  1. 神経×筋反射アプローチセミナー  

https://goo.gl/tbrgu4