視力・老眼回復に必要な3つのアプローチ

こんにちは! 

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

Infinity 代表の川西翔太です。 

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます! 

 

今回は 

視力・老眼回復に必要な3つのアプローチ 

というテーマでお伝えしていきます。

 

視力・老眼回復に必要な3つのアプローチについて 

お話ししていきたいと思います。

 

Infinityでは新しく視力・老眼回復アプローチセミナー を開催します。 

 

 

やはり視力と老眼って実際治るの? 

となると思います。 

 

実際、トラストボディで

視力・老眼の治療を取り入れているのですが、 

やっぱり潜在的に悩んでいる患者さんは多いんだなー。

というのはすごく感じます。 

 

視力・老眼回復ができると

患者さんの悩んでいる事などに対して

解決することができるので

すごく視力・老眼回復という武器を持っていると

いいのかなあと感じています。 

 

実際にどのように視力・老眼を回復させていくのか

という話になってくるのですが、

考え方としてはピラミッドで考えていただきます。 

 

 

まず何を改善するのかというところを具体的にします。 

 

例えば視力・老眼を目的にしたときに

何を見ていくかというと 

まず眼球の構造体すべてです。 

 

膜とか筋肉、じん帯、神経、脳、骨など

目の周囲のものを見ていくという

局所を見ていく視点も大事ですが、 

ここだけだと視力や老眼は回復していきません。 

 

これからメルマガでお伝えしていきますが、

目の知識を知っていることが大前提になります。 

 

 

その後は局所以外のところの

大局を見ているというところになるのですが 

意外と目に関係しているのが

脳と内臓、血管、歯、神経、靭帯、膜、関節、骨など

すべての構造体です。 

 

 

あとは水分量や、栄養、電磁波、細菌、ウイルス、霊症、気圧といった

インナーアプローチが構造体で影響してきます。 

 

 

最終的にはやはり診ていて多いのが

感情面や固定観念、自分の在り方、自分の魂の性質特性、

今の自分の成長の課題、周りとの人間関係の問題が起きてくると 

 

例えば 

甘いものをいっぱい食べてしまって構造が悪くなり、

目が悪くなるということがあります。 

 

そのようにアウター・インナー・メンタル 

すべておいてアプローチしていくという観点は 

視力・老眼が痛みであろうが痺れであろうが変わらないので 

視力・老眼というのもシンプルに

このような階層で考えていってもらえればいいかなと思います。 

 

 

次回は視力・老眼治療に必要な結果を出すための考え方

お伝えしていきたいと思いますので

楽しみにしておいてください。

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました! 

 

それでは、また明日! 

 

川西 翔太 

 

 

 

追伸 

①感情ストレスアプローチセミナー  
九州開催!  
症状とメンタル面の関連性を診れるようになりたい方はこちら  
https://goo.gl/Bz1bLz  
 
②対人関係トラウマ解消セミナー  
対人関係の悩みを解決できるセラピストになりたい方はこちら  
https://goo.gl/UsK9jv 
 
③視力・老眼回復アプローチセミナー 
視力や老眼を改善させたい方はこちら 
https://goo.gl/3yQwdv