「自律神経由来の症状を考える時のポイント」

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY理学療法士、スポーツトレーナーの古谷 琢です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

「承認欲求を否定する」

という内容でお伝えしました

(復習される方は上記からどうぞ)。

 

今回は、

「自律神経由来の症状を考える時のポイント」

という内容でお伝えしていきたいと思います。

 

うちの整体院にも

自律神経由来の症状でお悩みの患者さん

たくさん来られているのですが、

 

そういった時に

どのように考えていけば良いか

という所で

簡単に私なりの観点を

今回はお伝えしていきたいと思います。

 

まず症状としては

頭痛、耳鳴り、肩こり、腰痛など

たくさんあると思います。

 

それを捉えていく過程で、

多くのセラピストは原因として

 

・身体機能面(筋肉・内臓)の問題

・栄養や食事が乱れていないか

・薬に依存していないか

・精神面が落ちていたり崩れていないか

 

などを見ていくと思います。

 

 

そして、

それらを改善する方法も

多くの方が既に知っていて、

 

それを行うと

その場で変化が出て、

一時的に症状が良くなることもあるかと思います。

 

ただ、

その場では良くても

症状が次の日には戻ってしまう

とか、

なかなか改善が進んでいかない

という時に、

 

その原因が

どこから来ているのかを

さらに考えることが

非常に重要になってきます。

 

例えば、

家庭や職場の環境でストレスを抱えていないか?

 

普段から

症状に対してや思考の部分で、

何事もネガティブに考えてしまったり、イライラしていたりなど、

物事の捉え方はどうなのか?

 

といったことなどを

細かく観察・問診していきます。

 

また、

症状を抱えていることによって、

その人自身に

実はメリットがあるという場合も多いです。

 

どういうことかというと、

 

例えば、

『その症状が理由で〇〇ができません』

と言えたり、

 

『症状があることで心配してもらえる』

という理由で

症状をあえて抱えたままにしている方

実は少なくないです。

 

しかし、

それらを踏まえて

私達がどこまで介入できる問題なのか

という所がポイントだと思います。

 

もちろん私達セラピストは、

身体を診ていく専門家なので、

 

一見ここまでは関与出来ない

という方も多いと思いますが、

 

やはり私が治療院で

色々な方を診ていく中で感じたのは、

 

普段の思考や

病気に対する

真意を知ってもらいたい、

相談にのってもらいたい

という方も非常に多いのが現状です。

 

この問題を

セラピストとして

というより

同じ『人』として、

 

その方の心の底から思う

本当の自分らしい生き方や

人生などを一緒に考えていきながら

 

アドバイスやコミュニケーションを

とったりしていくと、

現れている症状に対して、

更に原因を改善することに繋がり、

症状も良くなっていく傾向があります。

 

なので、

コミュニケーション能力

カウンセリング能力

というものが

 

自律神経由来の症状を改善に導く上で

非常に重要になっていくため、

 

私達セラピストは

技術だけではなく、

さらに自分自身を成長させて

これらの能力も

身につけていく必要があります。

 

少し曖昧な表現や

内容になってしまい

申し訳ありませんが、

 

こういった所にも

是非一度着目して親身になって一緒に

患者さんと取り組んでいって頂きたいと思います。

 

今日はこの辺りにしたいと思います。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

古谷 琢

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92