臨床での内臓治療の使い方①

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

今回は、

 臨床での内臓治療の使い方①

というテーマでお伝えしていきます。

 

INFINITYに来て下さる方に

『内臓治療の手技はできるのですが、

それを実際どんな患者さんに

応用して解決していくのか分からない』

という事をよく質問されます。

 

内臓治療はとても簡単で

大事なのは

考え方です。

その後に

方法論が付いてくる

という順序は絶対に間違えないで下さい。

 

今回は

臨床での考え方

お伝えしたいと思います。

 

まず

《原因思考》

というものがあります。

 

なぜ起こったのか?原因は何なのか?

それに対する対処法は何なのか?

という考え方は

《西洋思考》になります。

 

生理学的に

局所に向けて考えることも

絶対に大事です。

 

あとは《目的思考》です。

 

どうしてそれが

起こる必要があったのか?

 

という考え方があり、

それは患者さんに伝えて

シェアしていく必要があります。

 

この考え方を《東洋思考》と言います。

 

 

《原因思考》《目的思考》

どちらの考え方も必要なのですが

 

目的思考の

【どうしてそれが起こる必要があったのか?】

という所は

 

患者さんも知ることにより、

 

生活習慣など自分の事を

見返すきっかけになるので

その後の再発予防や健康寿命を

伸ばすことができるので

 

是非意識して頂きたいと思います。

 

次回からは

もっと詳しい考え方を

お伝えしていきますので

楽しみにしておいて下さい。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92