「筋膜性脊柱管狭窄症1」

こんにちは!

「健康の在り方を選択できる文化を創る協会」

INFINITY公式ブログをご覧頂き、ありがとうございます!

テクニカルアドバイザー石原大祐です。

 

筋膜性脊柱管狭窄症について…

 

脊柱管狭窄症って言われた患者さんから

問い合わせがありました。

 

でも実際何をしたらよいのか…

ホントに、

自分の手技治療で良くなるのだろうか…

そもそも触って良いのだろうか…

 

患者さんが来られた際に、

大事なのは

自分の能力にあてはまる患者さんなのかどうかを

自分の物差しで的確に

「判断」する事です。

 

判断した結果、

専門の期間に委託する事も立派な判断です。

 

ですが

自分の対象となった患者でしたら

全力で対応するのが

治療家の役割です。

 

今回は

筋膜性の脊柱管狭窄症についてです。

 

デスクワークなど

座っている事の多い方に起こりやすい症状です。

 

患者さんは

ワラをもつかむ思いで来院されます。

 

その様な方に

健康の在り方を選択してもらうのも

我々の役目なのではないでしょうか?

石原大祐

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92