座骨神経痛の病態と症状

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

今回は、

座骨神経痛の病態と症状

というテーマでお伝えしていきます。

 

今回からは

症状別の内容を

お伝えしていきたいと思います。

 

治療院を開業していたり、

整形外科で務められている方は

座骨神経痛などの

腰痛関連の疾患を診られる方も多いと思います。

 

私自身も治療院で

ヘルニアや脊柱管狭窄症、座骨神経痛で

悩まれている患者さんに来ていただいて、

 

日々の臨床で診ているわけですが

その中で私が気づいたことを

シェアしていきたいと思います。

 

病態

【座骨神経が様々な原因によって

圧迫と刺激されることにより発現される。】

 

多くの方は、

殿部、太ももの後、すね、足先に

いきなり痛みやしびれが出るわけではなく、

 

だいたいの方は

最初に腰痛が出て

 

そこから腰の痛みがなくなって

足に痛みや痺れが出てきて

 

そして歩くのが

困難になっているという方が

ほとんどです。

 

座骨神経が圧迫されていたり、

症状の順番の出方があるにもかかわらず

 

症状と神経の圧迫されている箇所が

一致しなかったりなどが

起こったりしています。

 

ということは、

本当に座骨神経が圧迫されて起こっている症状なのか

鑑別して診ていく必要があります。

 

大事なのは

症状の歴史をたどっていって、

 

例えば

最初に腰痛が起こっているのであれば

腰痛になった原因は

姿勢なのか、体の使い方なのか、生活習慣などからきているのか?

など

 

それらが原因となって腰痛になり、

そこから二次的に

座骨神経痛用の症状が

起きている可能性もあります。

 

やはり

病態や症状に惑わされず、

患者さんがどういう状態なのかを

鑑別していく必要がありますので、

 

そういったことをするためには

座骨神経痛やヘルニアなど色々あると思います。

 

まずは

そこの鑑別をしていって、

患者さんと情報の共有をしていくことが大事になっていきます。

 

患者さん一人一人を

ちゃんと評価して臨床で診ていくことが

大事になってきますので、

 

次回からはセラピストができる理学検査を

順番にお伝えしていきたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92