脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜膝蓋腱反射〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

INFINITY 代表の川西翔太です。

 

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

 

前回は、

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜足関節底背屈〜

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜足関節底背屈〜

 

 

今回は、

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜膝蓋腱反射〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

今日から腱反射のシリーズ

お伝えしていくのですが

 

腱反射も患者さんの状態を共有し、

精度を上げるためには

検査をする必要があります。

 

 

方法としては、

膝蓋腱にテンションをかけて叩くという

単純なテストです。

 

 

正式なテストだと打腱器を使って、

座って叩いて膝が伸びるか

というところまで見るのですが、

 

 

臨床で打腱器がなければ

手で十分反射を出すことができるので

そのようにやって頂いても問題ありません。

 

 

では、どこのレベルを見ているのかというと

L4レベルの問題を診ています。

 

 

陽性であれば、

膝蓋腱反射の低下が起こります。

逆に筋肉の緊張が高い場合も低下します。

 

その辺りは触診をして

しっかりと鑑別をして頂きたいと思います。

 

では、どこに問題があるのかというと、

ヒップアップでお伝えしたような

Quadや縫工筋に起こる場合があります。

 

 

ここを調整した時に

膝蓋腱反射の低下が正常に戻るかどうかを

施術し終わった後でもやって

 

 

変化が出ているようであれば

施術で脊椎管狭窄症を改善させる可能性が

随分と高まります

 

 

患者さんに

ちゃんと施術をすることで

身体が変わるということを体感してもらうには

絶好の検査だと思いますので

 

是非このような検査も

臨床に取り入れて頂いて

患者さんとの信頼関係を構築するところに

使って頂きたいと思います。

 

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよ【INFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

INFINITY【公式メルマガ】

INFINITY