脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜ヒップアップ〜

 

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

INFINITY 代表の川西翔太です。

 

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜レッグレイズ〜

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜レッグレイズ〜

 

今回は、

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜ヒップアップ〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

前回はレッグレイズというものをお伝えしたのですが、

 

今回はヒップアップでお尻上げの動作です。

ここからどういったことが分かるのかをお伝えしたいと思います。

 

 

《方法》

背臥位になってもらって、膝を立て、腹部を上げる

 

 

どこを診ているのかというと、

S4レベルの障害を診ています。

 

 

《陽性(筋力低下や痛みを生じる場合)》

Fadireの動きをチェック(内側につまり)

治療としてはQuad、縫工筋―下腿―足趾などに問題があって

動きが悪くなっているパターンがあります。

 

 

股関節のつまりが下肢の治療で

改善しない方は結構多いです。

 

 

どこが関係しているのかというと、

後頭下筋から肩甲挙筋の頸椎、

肩甲下筋、大円筋、広背筋などの肩甲骨の内側から

仙腸関節にかけてのところの仙腸関節の機能不全が起こって

陽性が出ている場合があります。

 

こういう方はヘルニアを併発している場合もあるので

狭窄症とヘルニアの両方の可能性を秘めている患者さんも

結構いらっしゃるので慌てずに対処して頂ければ

大丈夫だと思います。

 

 

 

単純なヒップアップというお尻上げの動作の視点からも

原因の予測をつくことができるので是非臨床で

アプローチしていただきたいと思います。

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

INFINITY【公式メルマガ】

INFINITY