脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜SLR〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

INFINITY 代表の川西翔太です。

 

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜ケンプ徴候〜

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜ケンプ徴候〜

 

今回は、

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜SLR〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

症状を判断していくときに

SLRをどう使うのかをご紹介したいと思います。

 

 

前回はケンプ徴候についてお伝えしたのですが

ケンプ徴候とSLRを組み合わせる事で狭窄症なのか

ヘルニアなのか座骨神経痛なのかをおおよそタイプを

分けることができます。

 

 

ケンプ(陽性)→SLR(陰性)→狭窄症

 

前回もお伝えしましたが

約半数はケンプ徴候が陰性になる場合があります。

その場合によってアプローチする場所が

変わってくるとお伝えしました。

 

 

ケンプ(陽性)→SLR(陽性)→ヘルニア

 

ケンプ(陰性)→SLR(陽性)→座骨神経痛

 

 

なぜ理学検査をして患者さんと

状態の共有をするのかというと、

 

 

 

検査からちゃんと診て判断して、

的確にアプローチしていくと

必然的に結果が出ますので

是非意識して臨床で活かして頂きたいと思います。

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

INFINITY【公式メルマガ】

INFINITY