脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜ケンプ徴候〜

 

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

INFINITY 代表の川西翔太です。

 

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査

 

 

今回は、

脊柱管狭窄症改善に必要な理学検査〜ケンプ徴候〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

私も腰痛の患者さんが来られた時に

絶対に使う理学検査なのですが、

脊柱管狭窄症に限って話をすると、

約半数が陽性になります。

 

どうやって鑑別していくかというと、

ケンプ(陽性)→SLR(陽性)→ヘルニア

ケンプ(陽性)→SLR(陰性)→狭窄症

というように鑑別できます。

 

 

約半数は陽性で半数は陰性というのは違いが何かというと

基本的にケンプ徴候というのは

上部体幹からの腰椎への負担や

それ以外からの腰椎への負担が考えられます。

 

 

検査1つとっても、

陽性だからヘルニア!のように分けるのではなくて

検査の中でもどういう動きをしたのか、

検査の意味を踏まえて患者さんを診ていくと、

 

 

治療のアプローチにも活かしていけますし

患者さんへちゃんと説明することができます。

(動画で詳しく説明しています)

 

 

是非検査1つにとっても重要な意味があると知って頂いた上で

臨床に取り組んで頂きたいと思います。

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

INFINITY【公式メルマガ】

INFINITY