脊柱治療で覚えておくべきポイント

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回は、

脊柱を治療する目的とは?

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

脊柱を治療する目的とは?

 

今回は、

脊柱治療で覚えておくべきポイント

というテーマでお伝えしていきます。

 

前回は

脊柱治療の目的3つ

お伝えしました。

 

今回は実際に

脊柱を治療する上で脊柱の特徴

知っておかなければなりません。

 

なので、

今回は

脊柱の特徴を3つ

お伝えしたいと思います。

 

①脊柱の歪みは

吊り橋の様に

全体の相互関係により生じる

 

脊柱は

色んな要因で歪みます。

 

二次的に歪む場合が多いのですが、

吊り橋で例えると

分かりやすいと思います。

 

頸椎から胸椎、腰椎まで

吊り橋のように、

腰椎が捻れたら

 

頸椎はそれを補うように捻れて、

相互関係により

歪みが生じていきます。

 

②頸椎と腰椎は密接な関係性があります。

なので、

腰椎を治療すると

頸椎が良くなったりすることも

起こってきます。

 

胸椎というのは

頸椎と腰椎の真ん中にあるので

両方に影響を及ぼします。

 

③歪みの方向は

側方、回旋、側屈、前後など

色んな方向に歪みます。

 

なので、

歪みの方向を細かく評価できれば

より正確な治療を

行うことができます。

 

脊柱治療をする前に

3つの特徴を覚えた上で

しっかり評価、治療

と持っていっていただければ

 

正確に脊柱治療をして

患者さんに治療効果を出すことができるので

是非参考にして

臨床に活かして頂きたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

INFINITY【公式メルマガ】

INFINITY