コミュニケーションが身体に及ぼす影響〜傾聴①〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回は、

セラピストとしての理念を決める為の方法⑦

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

セラピストとしての理念を決める為の方法⑦

 

今回は、

コミュニケーションが身体に及ぼす影響〜傾聴①〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

今回は

コミュニケーションが身体に及ぼす影響について

お伝えしたいと思います。

 

患者さんとの

コミュニケーションというのが

治療や検査に影響を及ぼします。

 

コミュニケーションというと、

言葉が2割を占めて、

ノンバーバルが8割を占める

と言われています。

 

今回は

その中でも

患者さんとの会話のタイミングについて

お伝えしたいと思います。

 

まず、

即答できるか

患者さんとの信頼関係を築く上で

大事になってきます。

 

『えーっと』など、

誤魔化すような事を言うと

患者さんには伝わってしまいます。

 

もう一つは解答の速度です。

患者さんが話しているところに被せない。

 

ちゃんと患者さんが解答している時は

うなずいたり、

労いや共感をしてあげて

解答を返すようにしてもらえれば

 

タイミング的な所では

身体に及ぼす影響は

悪い方向には進まないようにできます。

 

 

これを確かめる方法としては

誰かとペアを組んで

してもらったらいいのですが

 

自分の考えを

即答しなかった時や相手の質問に対して

被せた時、必ず手や足など筋力が低下します。

 

 

なので、実際の臨床でも

傾聴のコミュニケーションを

意識してみてください!

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92