座位・立位姿勢になると症状が戻ることに悩んでいませんか?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回は、

患者さんの潜在意識を書き換える為に必要なアプローチ方法

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

患者さんの潜在意識を書き換える為に必要なアプローチ方法

 

今回は、

座位・立位姿勢になると症状が戻ることに悩んでいませんか?

というテーマでお伝えしていきます。

 

みなさんも経験されたことが

あると思うのですが、

 

例えば

歩行時に膝に痛みがある患者さんが来院されて

膝の曲がる時に痛みが出る方に対して

臥位で治療して

圧痛や膝の屈曲時の

痛みが取れたとします。

 

座位・立位で

膝を曲げてもらったり

歩いてもらったりしてもらった時に

症状がまた出てきてしまう

という経験があると思います。

 

これは何が違うのかというと、

抗重力位なのか徐重力位なのかの差です。

 

歩行などは

まさしく抗重力位なので括りとしては

座位・立位であれば

静止姿勢ですが歩行は運動にあたるので

やはり連動が必要になってきます。

 

四肢末梢から体幹にかけての連動が

うまくいっていないと

いいパフォーマンスが発揮できません。

 

抗重力位でも徐重力位でも

症状が取れているという所を

前回お伝えした

潜在意識のお話になりますが、

 

潜在意識を書き換えれないと

戻りが日常生活になると戻ってしまうので

そういった所を確認していくことも大事になってきます。

 

では、

この解決方法は

どうしたらいいのでしょうか?

 

次回お話しますので、

どうすれば抗重力位になったときに

症状が戻らなくなるのか?

のアプローチ方法を一度考えてみて下さい。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西翔太

 

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92