座骨神経痛の治療で診るべきポイント

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回は、

座骨神経痛の3つの原因とは?

というテーマでお伝えしました。

座骨神経痛の3つの原因とは?

 

今回は、

座骨神経痛の治療で診るべきポイント

というテーマでお伝えしていきます。

 

前回は

座骨神経痛の殿部に

疲労や緊張が起こる原因を

3つお伝えさせて頂きました。

 

その中で

運動戦略の誤りが

最終的に起こってしまうのですが、

 

そうなった時に

運動戦略に1番関わりのある

筋肉のラインなのは

 

DFL(ディープフロントライン)

です。

 

そこの機能不全が起こることで

運動戦略の誤りが起こってきてしまいます。

 

では、

どんな所から

運動戦略が崩れていくのかと言いますと、

 

大きく分けて3つあります。

 

・胸骨の固定

胸骨が固まってしまい、

下肢・体幹・上肢の連動がうまくいかなくなります。

 

・鎖骨や第一肋骨

鎖骨や第一肋骨が硬くなってる方

というのは非常に多いのですが、

それが何からの影響なのかというと

上肢です。

 

毎日力仕事などで

手を使う方は

鎖骨や第一肋骨が固い方が多いです。

 

あとは

内臓疲労が起こると下垂が起こるので

鎖骨や第一肋骨の位置が変わったり、

肋骨に反射点があるので

そこが硬くなったりするパターンもあります。

 

・大腰筋機能不全

内臓疲労や血流量の低下、

下肢の過使用です。

 

なので、

その患者さんの

生活習慣、仕事などの情報から

どこから患者さんの

運動戦略の破綻が起こっているのかを見つけてあげて、

 

そこを的確に治療し、

症状が変化するのかが

大事になってきますので、

 

患者さんの

背景を見た上でしっかりと評価をして

治療に繋げて

結果を出して頂きたいと思いますので

是非チャレンジしてみて下さい。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92