臨床で結果を出す為の反応とは?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

臨床で結果を出す為の施術力と指導力とは?

というテーマでお伝えしました。

 

今回は、

臨床で結果を出す為の反応とは?

というテーマでお伝えします。

 

臨床力を高めるには、

①判断

②治療・指導

③反応

3つの要素を伸ばしていくことが必要です。

 

今回は、

反応についてです。

 

これまでは、

構造的問題、環境的要因、メンタル面全てを判断材料にして、

 

構造面であれば、

症状、合併症、既往歴、手術歴、顔色、姿勢、動作、呼吸様式など、

 

環境的要因であれば、

食生活、生活習慣、疲労、ストレス、人間関係、仕事、季節、環境汚染など、

 

メンタル面であれば、

思考、感情、発言、行動、性格など、

 

多角的視点で患者さんを人として診ていって、

その方にとって

最善の治療や指導を提供することの大切さをお伝えしました。

 

では、

この最後の反応とは何なのか?

 

これは、治療中や治療後の患者さんの反応です。

 

なので、

タッチ、刺激量、時間、やめどき、

メジャー部位の見極めなどのフェーズです。

 

あなたも一度は悩んだ経験がありませんか?

私も凄くこのフェーズで悩みました。

 

判断→治療・指導がうまくいって、

それでも思うように治療結果が出ない場合は、

この反応のフェーズに問題があります。

 

なので、

その場合はこのフェーズの中で

どこに問題があったのかを追求してみて下さい。

 

このフェーズは、

とても感覚的な所になってきますが、

必ず、このフェーズも高めることができます。

 

もし、

タッチ、刺激量、時間、やめどき、メジャー部位の見極め

などに悩んでいる場合は、

INFINITYのセミナーに来て下さい。

 

私達INFINITYは、徹底的にこの反応の診方をお伝えします。

是非、この臨床で結果を出す為の3つの要素を参考にして、

日々の臨床に活かして下さい!

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92