臨床で大切な『思考力』と『応用力』

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

今回は、

臨床で大切な『思考力』と『応用力』

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

 

〇〇筋、〇〇関節の調整、〇〇臓器の調整など、

身体の全身部位の調整法は無数にあると思います。

 

このように身体の全ての部位を

調整できる技術を身につけておく事は

セラピストの前提として、

必須条件になります。

 

INFINITYのセミナーでも、

腰痛セミナーでは、

腰痛と関連が深い、

肝臓、腎臓、大殿筋、大腰筋などの手技をお伝えしています。

 

しかし、

『この症状にはこの部位の調整』

といったような一問一答形式の学びでは、

色んな悩みの患者さんに対応することはできません。

 

勿論、

上記の部位が根本原因の患者さんもいらっしゃると思いますが、

それだけでは、

改善しきれない患者さんもいらっしゃいます。

 

ここで大事になってくるのが、

【思考力】【応用力】

です。

 

思考力は、

例えば、

主訴として、体幹伸展時に腰痛が出る方がいて、大腰筋が原因だとします。

 

その大腰筋と関連している原因の筋や関節はどこなのか?

さらにその部位の原因がどこなのか?

その原因は、普段のどんな姿勢や動作から生じているのか?

 

もしくは、大腰筋と関連している原因は、筋骨格由来ではなく腎臓由来なのか?

その腎臓に負担をかけているのは生活習慣、食生活なのか?

それは具体的にどの栄養素や食品が原因になっているのか?

 

など、このように患者さんの真因を探り、

根本的な問題を解決していくために臨床では、

思考を展開していくことが必要になってきます。

 

臨床は常にこの繰り返しだと思います。

 

応用力は、

例えば、

痛みで特定の姿勢やポジションが取れない時に、

いつもと違う姿勢でも治療手技を行えるのか、

患者さんの状態や治療の進み具合や治療で狙いたい部位に合わせて、

圧の方向、把持の方法、刺激量を変えることができるのか、

 

このように患者一人一人に合わせた

オーダーメイドの治療を行っていく事が必要だと思います。

 

そして何よりも大切なのは、

【臨床を楽しむことです!】

 

勿論、私も中々結果が出なくて、苦しい時もあります。

 

しかし、患者さんの悩みを解決するために

「ここはどうかな?」

「これならどうかな?」

 

と考えを巡らし、

色々とトライ&エラーを繰り返しながら、

その場を楽しむことで、その誠意が患者さんに伝わり、

早期改善に繋がると思います。

 

INFINITYのセミナーでは、ただ教えて終わりではなく、

この【思考力】【応用力】の能力を身に付けて頂けるようになっています。

 

受講者とスタッフが一緒に悩み、考え、そして、一緒に成長していける

そんな素敵な仲間と楽しく一緒に勉強できるコミュニティー(場)になっています。

是非、私達と一緒に学んで、

共にセラピストとしての「能力」と「人格」を伸ばしていきたい方は、

私達に会いに来て下さい。

 

そんなあなたといつかお会いできるのを心から楽しみにしております。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92