臨床での内臓治療と分子栄養学の考え方〜Part4〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

臨床での内臓治療と分子栄養学の考え方〜Part3〜

というテーマでお伝えしました。

臨床での内臓治療と分子栄養学の考え方〜Part3〜

 

今回は、

臨床での内臓治療と分子栄養学の考え方〜Part4〜

というテーマでお伝えします。

 

 

前回は、

①排泄(解毒)

②同化(吸収)

③適応(免疫)

④循環

⑤刺激

 

5つの機能の内の

【同化】

についてお伝えしました。

 

今回は

【適応】

ついてお伝えします。

 

一言で言うと、

適応=免疫

です。

 

体内が解毒され、

栄養が吸収しやすい状態になった事で

きちんとした食事の摂取をすることで

質の良い栄養を確保する事ができます。

 

さらに腸内環境も整ってくるので、

免疫力が向上します。

 

免疫で大事になってくるのは、

肝臓、脾臓、肺、腸です。

 

特に重要なのは腸の状態です。

もっと言えば、

腸内細菌の状態です。

 

これは腸のテーマでもお話しましたが、

簡単に言うと、

善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%

この割合が良い腸内細菌の環境だと言えます。

 

なので、

特に免疫系に関係する病気や症状は

この適応という役割を担う臓器はどうなっているのか?

と考えていく必要があります。

 

例えば、

免疫に関係する臓器の評価と治療

後は、

腸内環境を知る為に便の状態を聞きます。

 

そして、

悪玉菌を増やすような食生活を摂っていないかどうか?

善玉菌を増やすような食生活ができているか?

この辺りを聞いていきます。

 

そして、

それに合った食事、栄養指導を行います。

 

特に注意すべきポイントは

小腸内に異常な腸内細菌が増殖していないかどうかです。

 

基本的に

小腸=消化・吸収

大腸=腸内細菌

です。

 

牛乳を原料にした乳酸菌発酵食品や

単糖類やオリゴ糖を多く含む食品を摂る行為から

小腸内細菌異常増殖が起こり、

 

そこから

リーキーガット症候群、腹部膨満感、下痢、腹痛、腹部不快感

など様々な症状が起こり、

 

さらには

免疫力が低下してしまいます。

 

食事指導に関しては

悪玉菌を増やしてしまう、肉食の生活が過剰ではないか?

発酵食品から植物性乳酸菌が取れているか?

 

後は、

大腸の腸内細菌まで届くような食物繊維を取れているか?

 

人の免疫機能を考える上で、

まずは、

腸内環境の状態を意識してみて下さい。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92