腸内細菌の黄金比

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 関西支部長 健康マイスターの松本悠作です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

今回は、

腸内細菌の黄金比

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

皆さんも気になる

腸内細菌の話題です。

 

腸内環境は食事や生活習慣によって日々変化しており、

腸内環境が悪くなると便秘や下痢になるだけではなく、

免疫力が低下し風邪を引きやすくなったりするなど、

さまざまな不調が生じます。

 

その腸内環境は、

腸内細菌によって左右されます。

 

腸内には腸内細菌が約1000種類以上、

約100兆個以上住み着いており、

重さとして約1.5kgにもなります。

 

種類は大きく3つに分類されます。

善玉菌:乳酸菌、ビフィズス菌など

→腸の蠕動運動が盛んになり、消化吸収や便通を改善する。

 免疫力を高める働きもあり、花粉症などのアレルギー症状を

 和らげる効果も期待できる。

 

悪玉菌:大腸菌、ウェルシュ菌

→肌荒れや便秘、肥満などの不調を引き起こす。

 

日和見菌:バクテロイデス

→善玉菌と悪玉菌の優勢の方に味方する。

 

【腸内細菌の黄金比】

善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1

腸内細菌の7割を占める日和見菌は

善玉菌と悪玉菌の優勢の方に味方するため、

善玉菌が優位となるような食生活を送ることが必要であります。

 

ビフィズス菌や乳酸菌が善玉菌と呼ばれているのは、

酪酸や酢酸などを産生し、

腸内環境を酸性にします。

 

ヒトの体は弱アルカリ性であり、

アルカリ性優位の環境は悪玉菌に適した環境になるため、

酸性環境を保つ必要があるのです。

 

善玉菌のエサは、

食物繊維オリゴ糖(発酵食品)です。

 

お味噌汁などは食物繊維と発酵食品を一緒に取りやすいのでオススメです。


本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また来週!

松本悠作

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92