「腰部脊柱管狭窄症の見るべきポイント」

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY理学療法士、スポーツトレーナーの古谷琢です。

 

前回は、

「セルフエクササイズ指導の注意点」

という内容でお伝えしました

(復習される方は上記からどうぞ)。

 

今回は、

「腰部脊柱管狭窄症の見るべきポイント」

という内容でお伝えしていきたいと思います。

 

例えば、

一例ですが

 

[評価]

・ケンプ徴候陽性

・SLR陰性

・fadire(股関節を屈曲、内転、内旋、伸展)問題なし

・腱反射問題なし

 

このような状態の場合、

どういう部位から治療していったら

良いのか考えてみて下さい。

 

まず考えるときのポイントとしては、

腰部脊柱管狭窄症の場合は主に

何らかの要素が原因で

過剰に腰部に負担がかかっているために起こる

というのが前提としてあります。

 

ケンプ徴候というのは

体幹の側屈、後屈の動き

=上部体幹がメインの動きで、

SLRやfadire、腱反射は

主に下半身の動きになるのですが

 

今回の場合、

下肢の方からの影響が

評価を見るとほとんど出ていませんよね。

 

その反面、

ケンプ徴候のように

上部体幹を動かすことによって

症状が出ていることがわかります。

 

このパターンの場合、

下半身からの問題はほとんどないと捉えられるので

上部体幹に着目します。

 

なので、

言い換えるとこの場合は

上部体幹の

運動構造の破綻が

起きている可能性があると言えます。

 

特に場所で言えば

「鎖骨、胸骨、肋骨、脊柱」などです。

 

具体的な細かい部分は省略させて頂きますが、

 

ディープフロントラインの

筋肉、横隔膜、大腰筋などに

問題が出てくるとケンプ徴候が陽性になり、

下半身の方からは

問題がないという状態になり得ます。

 

そういった場合は、

その辺りから治療していって

ケンプ徴候の改善を図っていけば

腰部脊柱管狭窄症の症状が

良くなってくることが臨床上多いです。

 

なので皆さんも

この様な視点を元にご自身で評価してみて、

治療していくのもひとつの方法だと思いますので、

是非参考にしてみて下さい。

 

今日はこの辺りにしたいと思います。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

古谷琢

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92