【特別開催】筋膜性脊柱管狭窄症セミナー

MHPプロフェッショナルコース

『筋膜性脊柱管狭窄症セミナー』

〜難治性症状が徒手治療で改善するのか〜

 

脊柱管狭窄症-セミナー

んにちは!INFINITY 関東支部長 テクニカルアドバイザーの石原大祐です。この度は、当協会が主催する筋膜性脊柱管狭窄症セミナーの募集ページをご覧いただき本当にありがとうございます。

まず、はじめに当協会は以下の3つの理念を基に、セラピストさんに施術技術をお伝えするセミナー団体です。

INFINITYの3つの理念

.セラピスト自身が健康と向き合い、幸せな人生を送り、健康で笑顔が溢れる社会の創造に貢献する。

.心身の悩みを多角的視点から包括的に解決できる能力と人格を合わせ持つ信頼できる人材の輩出を目指す。

.健康の在り方を選択できる文化を創り、次世代へ継承する。

以上の3つの理念をもってセラピストさんに施術技術をお伝えして、【本当に患者様の幸せのために仕事ができるセラピストを次世代へ継承する活動】をおこなっています。

決して、施術技術を伸ばしたいだけの方や、知識だけを求めるセミナージプシーのようなセラピストさんではなく自身の施術技術によってその先の患者様を笑顔にして幸せにもしたいと考えている本物のセラピストさんに、当協会のセミナーに参加して頂きたいです。

当協会の理念をご理解して頂き、さらに共感して頂いた志の高いセラピストさんは、この先のセミナー案内を最後までお読みください。

脊柱管狭窄症と言われた患者さんが来院したが改善をあきらめ診断名に逃げてしまっている自分がいた

 病院や治療院を何件も回ってきた患者さんの対応がわからない

手術は絶対にイヤと言う患者さんに何としても対応してあげたい

自分の腰痛を診てもらいたい

院の決められた施術メニューだけでは限界を感じている

それでも自分を頼ってきている患者さんの為に行動したいが結果が出ずに悔しかった。

このような難しい問題や悩みを抱えているセラピストさんは非常に多いです。もしかするとあなたもこの中の悩みに真剣に悩み、このページを読んでいるかもしれません。

このような臨床上の問題や悩みがうまれるのには必ず理由があります。ただ、安心して頂きたいのは、これらの問題や悩みをすべて解決する方法は必ずあります。

そして、その問題や悩みを解決するためのセミナーが、今回あなたにご紹介している、当協会の筋膜性脊柱管狭窄症セミナーです!

筋膜性脊柱管狭窄症セミナーの内容

○統合アプローチ

 

脊柱管狭窄症-セミナー

・INFINITY運営理念
・脊柱管狭窄症治療に必要な3つのアプローチ
・これからの時代、患者さんがセラピストに求めること
・人はなぜ、心身の病気や不調になってしまうのか?
・病気や症状の原因 ・セラピストと患者さんの理想の関係

○分子栄養学

脊柱管狭窄症-セミナー

・しびれと栄養の生理的メカニズム
・痛みと栄養の生理的メカニズム

○筋膜性脊柱管狭窄症の検査と治療

脊柱管狭窄症-セミナー

・脊柱管狭窄症患者さんの身体状態を判断する方法
・脊柱管狭窄症の改善に必要な筋・筋膜と骨・関節、内臓治療
・脊柱管狭窄症の症状別の手技治療

1.的確な「判断」→原理にあてはめた「治療」→その結果の「反応」と施術時の3原則の重要性を実感してもらいます。

決められたコンテンツでパターンの治療法ではなぜ難治性に対応できないのか知る事ができます。

2.セラピストでも対応可能な筋膜が原因となる脊柱管狭窄症を知る事で、難治性と言われ手術しかないと言われた症状にまで対応できる様になります。

3.手技治療の根幹を知ってもらいます。

世の中には○○法、○○式、○○メソッドなどがマーケティング戦略の元、指導者の理解度や習熟度に関係なくあふれかえっています。

「とりあえず使ってみて」「これはこういうもの」「あなたのイメージ力が足らないから結果がでないのです」などとセミナー講師から一度は言われたことはありませんか?

根幹部分が欠如して方法論だけが独り歩きしてしまっています。

もはや、セミナーにいる全ての人がわからず上辺だけの物を披露しているだけです。

100万単位のセミナー投資をしてもあなたの疑問が解決しないのはその為です。

4.自費治療分野で結果を出し続ける先生方と直接話ができます

難治性症状になると情報が錯綜して、教科書やネットの情報が乱立します。

治療院で結果出している先生方と生きた経験や知識を共有して多くの希少症状の経験にふれ難治症状を日常の臨床でも改善できるようになります。

講師プロフィール

石原大祐

栄養セミナー
名前 石原大祐
資格 柔道整復師
役職 INFINITY関東支部長、テクニカルアドバイザー 石原整骨院 院長
経歴 栃木県足利市の整骨院→東京都葛飾区の整骨院にて修行。群馬県桐生市にて開業。自費治療にて地域方々の健康に携わる
臨床経験 3万人以上
主な活動 GH会の代表として、治療家育成団体ゴッドハンド会を設立し、柔道整復師、理学療法士、作業療法士、整体師、鍼灸師など様々なプロが全国から施術技術を私のもとへ習いにきています。

川西翔太

川西翔太
名前 川西翔太
役職 株式会社Therapist Infinity 代表取締役
  INFINITY 代表
  慢性難治症状専門整体院 代表
  一般社団法人分子整合医学美容食育協会 湘南茅ヶ崎支部 代表
資格 理学療法士
  JARTA認定SSランクトレーナー
  エキスパートファスティングマイスター
  杏林予防医学研究所アカデミー中級講座修了
  IAIR認定ベーシックプラクティショナー
  ILPT(複合的腰痛アプローチ法)プラクティショナー
  体軸リハビリテーションアカデミーレベル1修了

松本悠作

内臓治療セミナー
名前 松本悠作
役職 INFINITY 関西支部長
  一般社団法人分子整合医学美容食育協会 岸和田支部 代表
  大阪府内の急性期病院勤務
資格 理学療法士
  3学会合同 呼吸療法認定士
  日本予防医学協会 作業管理士
  日本成人病予防協会 健康リズムカウンセラー
  一般社団法人分子整合医学美容食育協会 エキスパートファスティングマイスター
   Hirai Total Body Care technical seminar修了

セミナー概要

関東開催

開催日 3月25日(日)
時間 9:30〜12:30
 会場 大橋会館 208号室
 住所 東京都目黒区東山三丁目7番11号
アクセス  http://www.neclivex.co.jp/ohashi/school/access.html
定員 10名
価格 10,980円(税込)

申し込みはこちら

内臓治療セミナー

Q.このセミナーをどこで知りましたか?
A.INFINITYさんのメルマガで、 脊柱管狭窄症の案内が来て知りました。

Q.受講された理由はなんですか?
A.臨床でどうしても、 患部や痛みのある部分を中心に見てしまいます。 案内では評価や判断の仕方を教えてくれる、と書いてあったので受講しました。

Q.受講されて変化はありましたか?
A.なぜ腰椎に負担がかかるのか、どこに負担がかかるのかを検査で細かく明確に判断することができるので、治療の変化も出せるようになりました!また、神経症状と栄養学の関係を知ることができました!

Q.この動画をご覧の方に向けてメッセージをお願いします。
A.僕と同じように、患部を見て、患部を治療する方もいらしゃると思いますが、最終的には全体を見て、全体を良くしていかなければいけません。 全体を見て判断できるようにしたい方は受講してみてください!

Q.このセミナーをどこで知りましたか?
A.INFINITYさんのセミナーの懇親会で聞いていました。 その後メルマガで、臨床道場の案内が来て知りました。 これは参加しなければと思いました。

Q.受講された理由はなんですか?
A.患者さんを見させていただいていて、症状が取りきれない、またはそこそこ結果が出ていても、さらに一歩進むために受講しました。停滞の時期が来ても、その時期を突き抜けられるように受講しました。

Q.受講されて変化はありましたか?
A.しっかりと患者さんの 全体を見ていく、判断していくという必要性を感じました。

Q.臨床にどのように生かしていきたいですか?
A.初診で見るように、全体的に再評価をして、アプローチをするようにしたいです。

Q.この動画をご覧の方に向けてメッセージをお願いします。
A.停滞した患者さんをさらによくしたい方、 全体的に患者さんを見たい方は受講されると良いと思います!

『自分の求めている内容にフィットしたセミナーでした!』

理学療法士 渡会先生

『包括的に多角的視点からアプローチする方法を学べました!』

理学療法士 藤田先生

こで少し、私の昔の話をさせて下さい。私の幼少期はぜんそくやアトピーに悩まされ、風邪の季節には風邪をひき、スポーツをすればケガをする、そんな子供時代を過ごしてきました。

大好きな旅行や友達、親戚と遊ぶことも制限される時もあり、スポーツも楽しめない事がありました。10歳のころまでぜんそくの発作がでると、母親におんぶされ病院に運ばれた記憶があります。

 好きなスポーツをやっていても腰や膝、首や肩、足首などありとあらゆる部位をケガしてきました。 私のスポーツ人生はケガとの戦いでした。 

不調やケガから縁が切れない私は様々な病院、整骨院へ行きました。 そんな日々が私をこの職業に興味が湧きはじめたきっかけだったと思いますそこで母親に連れていかれたのが整骨院でした。

そこでは薬を使いわけでもなく人間の体人の手で変化していく…こんな事があるのか!と感動したのを覚えています。

治療家を志した あなたもこの様な方は多いと思います。

しかし臨床現場で言われる事は“20分以内でいかにこなすか” “カルテをいかに上手くこなすか” ”エビデンスを持っていかに他のスタッフを納得させるか“もはやそこには患者さんの為にという言葉は出てきません。 

・患者さんを言いくるめる為の手品的な瞬間芸、

・誰にでもあてはめるだけのパターン治療

・根幹部分が欠如した流行りのリリース法  

・時短や値上げさえすれば数値目標が達成できる

・あなたのイメージ力が欠如していると言われ次のセミナーコースを買うことを煽られるマーケティング先行の講師

・100万単位のセミナー費用を払って、手技の数だけ増えても結局使いどころがわからず持てあましてしまっている方

・全ての手技をこなせば患者さんはどれかにハマるだろうと思い時間と体力だけを消費してしまい結局、自分どころか患者さんまでも疲弊させてしまっている方 

この為に我々はセラピストになったのでしょうか? 

我々はあの頃自分を感動させてくれたあこがれのセラピストになりたくてこの道を歩んだのだと思います。いつだって患者さんの為に…という気持ちがあっての行動です。 

この文章を読まれている勉強熱心なセラピストの方々にはあの時の私の様な経験をから抜け出してもらいたいと思っています。 

セミナーに行っただけで満足して症状が改善しないのを患者さんのせいにするのか

常にレベルアップし続けて患者さんとの良好な関係を築き続けるのか 

その2つのわかれ道の分岐点にいる方ぜひ我々と一緒に臨床力を磨いてセラピストライフを楽しみましょう!

 私の想いに少しでも共感して下った方は、

『筋膜性脊柱管狭窄症セミナー』にご参加下さい! 

あなたと楽しく一緒に学び、一緒に成長していける日を楽しみにしております。 

申し込みはこちら