脂質とホルモンの関係

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

 

 前回は、

なぜ、脂質の栄養指導が最も重要なのか?

というテーマでお伝えしました。

 

 

今回は、

脂質とホルモンの関係

というテーマでお伝えしていきます。

 

 前回は細胞膜の観点からなぜ脂の指導が重要なのかを

お伝えさせて頂きました。

 

今回は脂質の5つの役割の中の1つでもある

ホルモンと脂の関係について

お伝えしたいと思います。

 

例えば、

脂質を取ると肝臓の中で

脂質が脂肪酸になり、代謝によりコレステロールに分解され、

それを原料にしてホルモンになります。

 

なので質の悪い脂質ばかり取っていると、

悪いホルモンが体内で生産されてしまうことになります。

 

どういったホルモンがあるのかというと、

・女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロン

・副腎皮質ホルモンのステロイドホルモン

などがあります。

 

例えばみなさんが診られている患者さんに

痛み以外の不定愁訴であったり、

合併症(アトピー・アレルギー、

婦人科症状(生理不順、生理痛)、

慢性疼痛、免疫疾患)

をもっている方の

ホルモン環境を変えてあげると

ホルモンバランスが整うので

必然的に合併症などの症状が改善されてきます。

 

是非、

合併症などを主訴で改善して欲しいという

要望があった時には

手技だけで対応するのではなく

脂質の指導も臨床で行なって下さい。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92