胆嚢とPH値と細菌感染の関係

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

胆嚢は摘出しても大丈夫なのか?

というテーマでお伝えしました。

(前回の記事はこちらからどうぞ)→胆嚢は摘出しても大丈夫なのか?

 

今回は、

胆嚢とPH値と細菌感染の関係

というテーマでお伝えしたいと思います。 

詳細動画です!

 

胆嚢から分泌される胆汁には、もう一つの役割があります。

それは、

体内PH値の調節

です。

 

胆汁の成分はアルカリ性です。

 

口から摂取された食物が胃で胃酸により、

お粥状の酸性物質になって、十二指腸に運ばれます。

 

それを十二指腸乳頭から流れる、

アルカリ性である胆汁と膵液により

中和され、体内のPHバランスを保っています。

 

体内のPHバランスが酸性に傾くと

ガンなどの様々な病気を引き起こしてしまいます。

 

なので、体内のPHバランスを保つ事は、

病気の予防にもつながります。

 

さらに胆汁のもう一つの役割として、

細菌感染の予防です。

 

胆汁が小腸の最終部分である回腸まで流れて、

90%はそこで再吸収されて、肝臓へ戻って再利用されます。

 

これを腸肝循環と言います。

 

なので、

胆汁は小腸内の細菌から身を守るために

小腸の最後まで流れてくれています。

 

胆石は細菌感染を防いだ結果から起こるとも言われています。

 

本当に私達の身体は

すごく緻密にできています。

 

だからこそ、この緻密な体内システムを狂わせないように

胆嚢をしっかり労ってあげましょう!

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92