肝臓の解毒システム〜Part3〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、肝臓の解毒機能の1つである

胆汁の排泄についてお伝えしました。

(前回の記事はこちら)→ 肝臓の解毒システム〜Part2〜

 

今回でこのシリーズは最後です。

今回は、

最後の解毒システムである、

第1・2相解毒

についてお話していきます。

詳細動画です!

 

これは少し複雑ですが、

体内の酵素反応による解毒です。

 

まず、

第1相解毒から。

体内に毒素が入ったら、シトクロムp450という酵素が働きます。

 

この酵素が毒素を水溶性または中間代謝物へ変換させて、

そのままダイレクトに中和される物質もあれば、

尿や便として排出する準備

第1相では行われます。

 

この過程で必要な栄養素としては、

  • マグネシウム
  • ビタミンB群、ビタミンC
  • 亜鉛、銅、硫黄
  • グルタチオン

などが必要になります。

 

ここで重要なのは、

第1相で毒素がシトクロムp450により、

変換される中で

フリーラジカルという有害物質が体内に発生します。

 

なので、これも排除するための栄養素を摂る必要があります。

 

それは

  • グルタチオン
  • ビタミンA、C、E
  • 亜鉛、セレン

です。

 

次に第2相です。

ここでは、

第1相で中間代謝物になったものを

抱合反応によって、

中和したり、尿や便として、排出します。

 

この第2相に必要な栄養素としては、

  • タウリン
  • 硫黄
  • メチオニン
  • ビタミンA、B2
  • グルタミン
  • アルギニン
  • フィトケミカル

です。

 

色々と難しい事を話しましたが、

結局、ここで知っておいて欲しい事は

解毒にはこれだけの

手間と様々な栄養素が必要になるということです。

 

なので、身体に悪いものばかり食べていたら、

身体の中のビタミン、ミネラルが大量に消費され、

身体の不調や病気になってしまいます。

 

「でも、川西さん必要な栄養素は分かったけど、何を食べたら良いの?」

 

という声が聞こえてきそうなので、

これに関しては、また次回にでもお伝えしていきたいと思います^^

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92