空腸と回腸の違いって何?(空腸編)

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

今回は

空腸と回腸の違い(空腸編)

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

小腸には、空腸と回腸が存在するのですが、

あなたは

空腸と回腸の働きの違いを説明できますか?

 

今日は空腸についてお伝えしていきます。

 

空腸の長さは、小腸全体の2/5で、

空腸の主な役割は

消化

です。

 

腸液による消化酵素を出すのは、

基本的に十二指腸〜空腸の間です。

 

ここで大事なのは、

すべての酵素(代謝・消化)に言えるのですが、

酵素を上手く働かせるには、

ある一定の条件が必要になってきます。

 

それは

【温度】

です。

 

よく体温が35℃台の人は免疫力が低くて、

ガンになりやすいとか聞いたことないですか?

 

あれは本当の話しで、

体温が低いと、消化酵素だけでなく、

代謝酵素も働かなくなるので、免疫力が低下してしまいます。

 

だいだい必要な温度は36〜37℃です。

これぐらいの体温があれば、

消化酵素や代謝酵素が上手く機能します。

 

なので、

消化機能を上げるのに、内臓治療も大事ですが、

体内の循環も同時に考えてアプローチしなければなりません。

 

そうなると、

循環器系の臓器、血管、隔膜系の治療が必要になります。

 

食生活や栄養では、血流を悪くしないように

オメガ3を積極的に摂ったり、

血管にCaが沈着しないように脱灰予防、

さらには、呼吸や運動なんかも重要になってきます。

 

これからは消化機能を考える上で

体温や血流量も意識して、アプローチしてみて下さい^^

 

次回は、回腸についてお伝えしていきます。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92