私が栄養を学ぶ理由とは?

いつもINFINITY公式ページをご覧いただきありがとうございます。

【健康のあり方を選択できる文化を創る協会】

INFINITY 関西支部長 健康マイスターの松本悠作です!

 

前回の動画も撮影したのが深夜でして、「呂律が回っていない!」とまたご指摘を受けてしまいました・・・汗

なかなか難しいものです、、笑

 

前回は、「健康のあり方」について私の視点からお話させていただきました!

今回は、「私が栄養を学ぶ理由」についてお話させていただきます。

 

詳細動画です!

 

まず、きっかけは簡単です!

僕がずっと運動一筋で生きてきたからです!

高校時代は体を大きくするため、早く回復するために、毎日に吐きそうになるまでご飯を詰め込んでいました。実際週一回は戻してましたね・・・

だから、激しいトレーニングをしても筋肉がついたり、回復が追いつたりしていたのだと今は思っています。

 

そんな日々を過ごしてきた私は医療現場で働き始めて、まず患者さんの少食具合にすごく驚き、

こんな食べへんかったらどんだけリハビリ頑張っても治るわけないやん!って思いました。笑

それだけじゃなくて、リハビリの場でも、病棟でも患者さんに関する食の話題は誤嚥するかしないかくらいの話題しかなく、

栄養の話は皆無でした。それが信じられなかったです。

 

私は自然と次の日から自分で栄養を勉強し始めていました。

まず「リハビリテーション栄養」の教科書を読み漁り思ったことは、

「あ〜食べないから虚弱になって病気になるんや!じゃあ、食べてもらおう!」

 

でも、実際は「もうお腹いっぱい」「こんな味薄いの食べもんちゃうわ」「食欲ないねん」

と言われて跳ね返されてしまう毎日でした・・・汗

それだけじゃく、認知症という高い壁も・・・・汗

 

その反面、本屋さんに行くと現代病は食べ過ぎが原因だと謳っている書籍や雑誌が散在しており、

TVやSNSでもダイエット番組や情報が毎日ゴールデンタイムに流れていて、

世の中は空前のダイエットブーム!!

 

どっち!?笑

もう意味わからん!正しい栄養って何?って混乱してしまったのを覚えています。

しばらく思考が停止し、栄養はもういいやって思ってしまってた時期もありましたが、

やっぱり臨床の中で「栄養」というキーワードが無視できない現状がありました。

 

自分のためにもなるし予防的な栄養を学んでみようと特に意気込みなく、分子整合医学の世界に軽い気持ちで入りました。

そこでの衝撃を今でも忘れません!!!!

「えーーーーーっ!?」

一日の講義を受けて、

10年後にまだこの世に存在してるだろうか?

という食生活を自分が送っていることに衝撃を隠せずに、講義中に何回も叫んでしまいました!笑

私はいま、その資格の延長線上でたくさんの若い世代に食育のお話させていただいてますが、

叫ぶのは私だけじゃないみたいです、、、笑

 

健康な体ってどうやって作られるんだろう?

この疑問を解決したいと思い、日々分子整合医学を学び続けていきたいと思っております!

 

私は、こういった経緯で病気になる前と病気になってしまった後の健康法や栄養学を同時に学び、

現在は、医療現場で、栄養サポートチーム(NST)の一員として病態栄養学を活かし、

地域で、エキスバート・ファスティングマイスターとして分子整合栄養学を活かし、

たくさんの方の健康な体づくりに携わらさせていただいています。

 

栄養はバランスやタイミングが非常に重要で、

病気を持っている人にとっては命に関わることもある学問です。

私は、双方の視点から臨床に落とし込みやすい栄養学をわかりやすくお伝えしていけるように頑張っていきたいと思っております!!

最後までお読みいただきありがとうございました!

次回は、さっそく「腰痛と栄養」についてお話ししたいと思います。

それでは、また来週!お楽しみに!

松本 悠作

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92