頭痛、生理痛、更年期対策!血管×ホルモン×栄養セミナー!

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity テクニカルアドバイザーの

石原 大祐です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

本日は 

頭痛、生理痛、更年期対策!

血管×ホルモン×栄養セミナー! 

というテーマでお伝えしていきます。 

 

 

□筋膜リリースや内臓・頭蓋治療を学んだが

限界を感じている

 

□施術した時は良いが

次に来院する時はもどってしまう。

 

□1回の治療時間が

40分以上かかってしまう。

 

□1日7人以上施術すると

ぐったりしてしまう。

 

□既存の施術メニューだけでは

差別化を図れず患者さんが来ないと思っている

 

 

 

 

何10年来の症状が…

子供の頃からの症状が…

体質だから…

 

 

 

 

その様な事をボソッと言われた事ありませんか?

 

 

 

当院に来られる患者さんも

初回や2回目では言わない事が…

 

 

 

何回か来られた時に

小さな声で相談されたりします。

 

 

 

この人の本当の悩みはココなんだろうな…

 

 

腰痛や頭痛、シビレや変形などは…

言やすい、キャッチコピーみたいなもので…

 

 

 

本質はここに…みたいに思っています。

 

 

 

この写真の患者は

高校生の頃から頭痛に悩んでおり

(現在は子供が高校生ほどの年齢)

 

 

 

30年以上定期的な頭痛で

いざ痛みがおこると、動けなくなる事を

繰り返してきました。

 

 

 

この方の対応は

 

初診時は

肝臓の動脈

卵管

副腎の血管をみました。

 

 

栄養面の対策は

キャノーラ油、サラダ油など

いわゆるトランス脂肪酸と

オメガ6過多による緊張でしたが

 

コーヒーやお茶を多飲されるので、

それによる脱水症状もありました。

 

 

 

もっと深い所を見ますと…

 

 

旦那さんとの夫婦間に問題があり

そのストレスのはけ口に

コーヒーや甘いもの(トランス脂肪酸入り)に

ついつい手を出していました。

 

 

栄養を学ぶと

ひとつの壁に

患者さんに実践してもらうという

フェーズがあります。

 

 

つきっきりでマンツーマン

なんて事はありません

 

 

患者さんの選択に

ゆだねる瞬間が必ず存在します。

 

 

そこが上手くできないからと

○○さんはだからダメなんですよ…

 

 

とこれでは何も解決しません…

 

 

本人もダメな事は知っているのです

 

 

なぜそれを取らないといけないのか…

そこに気づきを与えてあげる必要があります。

 

 

やらなければならない

一種の加速装置的な指導では

本質は変わってくれません

 

 

学生時代、勉強しろ、勉強しろと言われ

しぶしぶやったふりをした学問は

すぐに忘れます。

 

 

患者さんも同じです。

 

一方通行の指導では変わってくれません!

 

 

この患者さんには

重心検査やMMTとしておこる

 

独自の栄養筋反射テストをおこないました。

 

 

患者さん実感しつつも、

不思議がっていましたが

「悪いと思っていました!」と

言っていました。

 

 

 

ついつい楽しくなる

ついつい実践したくなる

 

 

そんな栄養指導があっても良いのでは…

 

 

そしてそんなセミナーを開催したくて…

 

 

 

 

勉強熱心なセラピストであればあるほど

○○法で…

○○メソッドで…

と思いがちですが…

 

 

本当に求められている事は何なのか?

我々の価値観と患者さんの価値観の相違は何なのか?

 

 

 

 

治療家とはまだまだ可能性があり

素晴らしい職業だ!

 

 

ガチでその事を言える

セラピストを増やしたくて…

 

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

石原 大祐