靭帯×重心×しびれセミナー2月3日開催!

 

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity テクニカルアドバイザーの

石原 大祐です。

いつもInfinity公式メルマガをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

 

 

今回は、

靭帯×重心×しびれセミナー2月3日開催! 

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

□既存の治療に限界を感じている

□筋肉や筋膜の施術を学んだがもどってしまう。

□1回の治療時間が40分以上かかってしまう。

□1日7人以上施術するとぐったりしてしまう。

 

 

 

 

本日も患者さんのために

成長できるセラピストに向けて

発信していきたいと思います。

 

 

 

 

写真の患者さんは

私の院に実際に来られた患者さんです。

(当然ながら、ご本人さまの許可をいただいてあります。)

 

 

 

かなり長い間悩んでいた

患者さんの症例報告です。

 

 

 

初診時は

腰・膝の痛み

生理痛の悩みもありました。

 

 

スポーツでバスケットの経験もあり

(バレーやバスケは足首捻挫が頻繁に起こるので)

 

 

あきらかに重心が崩れていました。

 

 

足で1度や2度、角度がズレますと

 

 

1mほど離れた腰部では

数センチのズレとしておこります。

 

 

 

それのブレーキとして

起立筋や殿筋や大腰筋が働くのに

 

 

それを

ゴリゴリ・グイグイ

ぐるぐるリリースしてしまうと…

 

 

ブレーキを外された車みたいに

支えを失ってしまいます。

 

 

その様な治療院をめぐっていた患者さんでした。

 

 

手術した膝も

元をたどればとボソッと言いますが…

 

 

そこまで深く話しません…

 

 

これからを良くしましょう!と

声かけをします。

 

 

 

治療部位は

 

 

足首まわりの靭帯

(内外の距腿関節・距踵関節)

足根骨の靭帯

この2か所はいくつ繰り返し痛めていました。

 

 

ケイヒ関節の靭帯

 

 

仙腸関節の靭帯でした。

 

 

この方は生理痛もあったので

 

 

肝動脈

腎動静脈

 

 

などもみました。

 

 

 

正直、僕の施術は

見た目すごくシンプルです。

 

 

 

原因部位に

「ココでしたね!お疲れ様!」

 

と伝えるぐらいです。

 

 

それでも何年も悩んでいると言う事は

 

 

それだけ影響力のある組織といえます。

 

 

 

 

2月3日

靭帯×重心×しびれセミナーを開催します。

 

 

正直、今回限りのセミナーです。

 

 

若干名の募集いたします。

 

 

患者さんのすぐの悩みを解決したい

セラピストにあえるのを

楽しみにしています。

 

 

 

治療家とはまだまだ可能性があり

素晴らしい職業だ!

 

 

ガチでその事を言える

セラピストを増やしたくて…

 

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました! 

それでは、また明日!

 

石原 大祐