内臓治療でもらってしまう人!

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity テクニカルアドバイザーの石原 大祐です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回までは、

あなたの内臓治療が成果をあげない理由!

血管×内臓×栄養セミナー開催!

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

あなたの内臓治療が成果をあげない理由!

 

今回は、

内臓治療でもらってしまう人! 

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

 

□内臓治療を習ったけど効果を実感できないし患者さんを治せない

□栄養指導を患者さんが実行して来てくれない

□ファスティングなどの商品を売るのに障壁が高い

□施術で患者さんからもらってしまって1日するとぐったり

 

 

本日も患者さんのために成長できるセラピストに向けて

発信していきたいと思います。

 

 

今回は内臓治療をして

セラピスト自身がもらってしまうパターンについて…

 

 

 

そもそもですが

既存のセミナー団体で指導している

内臓治療がもらってしまったり

時間がかかる方法を指導しています。

 

 

 

1日で何人も施術するともらってしまって

ぐったりなので…

 

 

セミナー講師になるしかない…

(セミナーならある程度健康な人何人かですみますからね…)

なんてセラピストまで…

 

 

 

 

話はもどって

 

 

1.内臓器、自体がなぜ機能低下をおこしてしまっているのか?

 

 

2.その機能低下はどこから始まるのか?

 

 

 

この2つが

ポイントになってきます。

 

 

そこで

臨床時に解決する方法として

 

 

内臓器への血管に着目しました…

 

 

 

考えてみれば当然の事で

組織への栄養が不十分であると

 

機能低下で異変を伝えようと

何かしらのサインを出そうとします。

 

 

それが痛みや不調となって

知らせているのです。

 

 

臨床で血管の治療をしていると

既存の内臓治療に比べると

 

 

内臓器自体をもどすと言うより

 

 

内臓器の不調スイッチを入れる

 

 

に近いので

治療時間が変わります!

 

無理やりに、もどそうとするのではないので

 

 

セラピストも患者さんの負担が減ります!

 

 

セラピストが何とかしよう

という気持ちではなく

 

 

ココが原因ですよ…

とお知らせする感じです。

 

 

 

血流が原因でおこる症状は

数えられないほどあるにもかかわらず

なぜ血流に直接関わる組織の治療が

見逃されているのか…

 

 

 

治療と同じでその人の体調にあわせた

何が必要で、何が不必要なのかを

しっかりと見極める能力が、

今の現代セラピストに必要とされています。

 

 

 

私はセラピストとは

素晴らしい職業だと今でも疑っていません

 

ただセラピストも人間です。

 

悩んだり、落ち込んだり、喜んだりして

成長していくのです。

 

そのきっかけになって頂ければ…

 

このメルマガでもシリーズで

配信していきたいと思っています。

 

詳しくは動画を…

 

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

それでは、また明日!

 

石原 大祐

 

追伸 

<ベーシックセミナー> 

①血管×内臓栄養アプローチセミナー 

https://goo.gl/voSAow 

 

②靭帯リリース×痛み・しびれ改善セミナー 

https://goo.gl/aVEQ8P 

 

③神経×筋反射アプローチセミナー 

https://goo.gl/tbrgu4