あなたの内臓治療が成果をあげない理由!

 

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity テクニカルアドバイザーの石原 大祐です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回までは、

内臓内血管を治療していますか?

というテーマでお伝えしました。

 

復習はこちらからどうぞ

内臓内血管を治療していますか?

 

今回は、

あなたの内臓治療が成果をあげない理由!

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

□内臓治療を習ったけど効果を実感できないし患者さんを治せない

□栄養指導を患者さんが実行して来てくれない

□ファスティングなどの商品を売るのに障壁が高い

□施術で患者さんからもらってしまって1日するとぐったり

 

 

本日も患者さんのために

成長できるセラピストに向けて

発信していきたいと思います。

 

 

今回は内臓治療をしても

症状がもどってしまうパターンについて…

 

 

例えの話をしますが…

スポーツ選手で

足がつってしまう方を

見た事あると思いますが…

 

 

対処療法の代表例は

患部を伸ばす事で

その場はやり過ごせますが…

 

繰り返してしまう人には

足へ行く血流が脱水などの原因で悪くなり

 

栄養指導の一環として

水を飲んでもらったり

その他の疾患が無いか

鑑別している事かと思われます。

 

 

内臓のもどりも同じで

そこへ行く血流やその他の影響が無いか

鑑別する必要があります。

 

 

その中でも臨床で多く出くわすパターンが

 

 

内臓へ関係する血管由来のパターンです!

 

 

その臓器へ行く血流の低下から

上手く機能せず

 

いざ治療しても

またもどってしまうという事です。

 

足が繰り返しつるのと同じ仕組みです。

 

 

血流が改善した時点から

その内臓器が働くスイッチが入るので

時間の経過で更に効果を実感します。

 

 

臨床現場で

内臓器の血管を治療していると

かなりの患者さんが

このパターンであります。

(リフトやプレスやリリースは何だったのか…)

 

 

 

血流が原因でおこる症状は

数えられないほどあるにもかかわらず

なぜ血流に直接関わる組織の治療が

見逃されているのか…

 

 

 

治療と同じで

その人の体調にあわせた何が必要で、

何が不必要なのかをしっかりと

見極める能力が、

今の現代セラピストに必要とされています。

 

 

 

私はセラピストとは

素晴らしい職業だと今でも疑っていません

 

ただセラピストも人間です。

 

悩んだり、落ち込んだり、喜んだりして

成長していくのです。

 

そのきっかけになって頂ければ…

 

このメルマガでもシリーズで

配信していきたいと思っています。

 

詳しくは動画を…

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

それでは、また明日!

 

石原 大祐

 

追伸 

<ベーシックセミナー> 

①血管×内臓栄養アプローチセミナー 

https://goo.gl/voSAow 

 

②靭帯リリース×痛み・しびれ改善セミナー 

https://goo.gl/aVEQ8P 

 

③神経×筋反射アプローチセミナー 

https://goo.gl/tbrgu4