内臓内血管を治療していますか? 血管×内臓×栄養セミナー開催!

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity テクニカルアドバイザーの石原 大祐です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

前回までは、

バランスの良い食事が人それぞれ違うってご存知でしたか?

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ
バランスの良い食事が人それぞれ違うってご存知でしたか?

 

 

今回は、

内臓内血管を治療していますか?

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

□内臓治療を習ったけど効果を実感できないし患者さんを治せない

□栄養指導を患者さんがして来てくれない

□ファスティングなどの商品を売るのに障壁が高い

□施術で患者さんからもらってしまって1日するとぐったり

 

本日も患者さんのために成長できるセラピストに向けて

発信していきたいと思います。

 

 

 

 

世の中のメディアの情報として

その人にはマッチした(かもしれない)

コンテンツ内臓治療法や

コンテンツ栄養学が満映していますが

果たしてあなたの目の前の患者さんに

そのままあてはまるのでしょうか?

 

 

筋・骨格系の治療もそうですが…

治療の前の検査が大事で

治療が適応するのか・しないのかの

鑑別診断が大事になってきます。

 

 

 

内臓治療や栄養指導も同じで、

その患者さんに適応するのか・どうかが

ポイントになってきます。

 

 

 

今回は

血管の治療、

とくに内臓の中の血管についてなのですが…

セミナー受講生さんでPTさん(理学療法士さん)も多いのですが

「筋肉の出力や収縮を…」

などの言葉を良く聞きますが…

「血管の収縮を…」って言葉は

ほとんど聞かれません…

 

 

 

そこで疑問が浮かぶのですが…

血管も収縮したりする、

弾性繊維性の組織にかかわらず

ほとんど見逃されている組織である事に…

血流が悪い… 冷える… 免疫… ツル…などなど

 

 

血流が原因でおこる症状は

数えられないほどあるにもかかわらず

なぜ血流に直接関わる組織の治療が

見逃されているのか…

 

 

 

事実、我々のセミナーでお伝えしている

肝動・静脈のリリースも

既存の肝臓治療よりも短時間で効果を出せます。

(ここは自信を持って言えます!)

 

 

 

足がツッてしまった時

その場で足を伸ばしますが…

足自体が…と言うより

足へいく血流を良くする様に

水分などの指導が必要になります。

 

 

 

内臓も内臓自体に原因があると言うより

内臓に通う血管が原因で

内臓機能低下を招いている症状がかなり多いのです…

(このパターンの患者さんには抜群に効果を発揮します)

 

 

治療と同じでその人の体調にあわせた

何が必要で、何が不必要なのかをしっかりと見極める能力が、

今の現代セラピストに必要とされています。

 

 

私はセラピストとは素晴らしい職業だと今でも疑っていません

ただセラピストも人間です。

悩んだり、落ち込んだり、喜んだりして

成長していくのです。

そのきっかけになって頂ければ…

このメルマガでもシリーズで配信していきたいと思っています。

詳しくは動画を…

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

石原 大祐

 

追伸 

<ベーシックセミナー> 

①血管×内臓栄養アプローチセミナー 

https://goo.gl/voSAow 

 

②靭帯リリース×痛み・しびれ改善セミナー 

https://goo.gl/aVEQ8P 

 

③神経×筋反射アプローチセミナー 

https://goo.gl/tbrgu4