対人関係×トラウマ×霊障セミナー! 痛いイタイ言う患者さんの対応法①

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity テクニカルアドバイザーの石原 大祐です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

前回までは、

対人関係×トラウマ×霊症セミナー

何でもかんでも霊やカルマのせいにしないで…

というテーマでお伝えしました。

 

復習はこちらからどうぞ

何でもかんでも霊やカルマのせいにしないで…

 

今回は、

対人関係×トラウマ×霊障セミナー

痛いイタイ言う患者さんの対応法①

というテーマでお伝えしていきます。

 

セラピストが感情や魂を学んで

実際の患者さんに還元する方法!

 

 

本日も患者さんのために成長できる方に向けて

お話していきたいと思います。

 

 

感情や魂を知っていても

実際の患者さんなど現実に落とし込まないと

宝の持ち腐れです。

 

 

あなたがみている患者さんに

いつも

「痛いイタイ」言う患者さんっていませんか?

 

 

その「痛いイタイ」にも

患者さんのタイプによって違いがある事は

このメルマガを読んで来ている人には

承知の事かと…

 

 

今回はそのお話を詳しく…

 

 

例え話をいくつかあげますと…

 

 

小学校の時、女の子が、お腹が「痛い」と言って

周りの子が「○○ちゃん大丈夫?」ってなり

その子がみんなに心配されているのを見て

「私も痛い」って子を見た事ありませんか?

 

 

SNSに体温計を出して私こんなに

「高いの…」 「低いの…」

と出して、周りの人に心配されたい人っていませんか?

 

 

共通しているのは

 

 

「かまってほしいから!」

 

 

です。

 

自分からは言い出せなくて

「私の事、察してよ!」

なのです。

 

各家族化が進んでいたり

SNSの発達により

 

直接的な人とのコミュニケーションが希薄になった現代

 

人のぬくもりや温かさが欲しいのです。

 

 

ただその伝え方が「痛い!」という言葉なのです。

 

 

その様な人にエビデンスや理論切々と

○○関節や○○筋など話しても

 

患者さんは「そうじゃないの!」

「痛いイタイ」

と言い続けます。

 

 

理論理屈ではなく

 

 

「大変でしたね!」

 

 

のねぎらい共感なのです。

 

 

我々がみている人は

ロボットでもなく

教科書でもなく

 

 

感情や魂がある人なのです。

 

 

そこまでみられるセラピストが

これからの時代に必要になってくるのでは

ないのでしょうか?

 

 

 

人は2人以上いると、何かしらが起ります。

 

その関係性を知って相手がホントに求めている事や

課題が見えてくると

無理してつき合う事がなくなってきます。

 

さんざん、人間関係でもめてきた私がたどりついた

内容になっています。

 

このメルマガでもシリーズで配信していきたいと思っています。

 

詳しくは動画を…

さんざん、人間関係で泣いてきた石原でした。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

 

それでは、また明日!