筋膜性脊柱管狭窄症!~脊柱損傷のベクトル方向~

 

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity テクニカルアドバイザーの石原 大祐です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

 

 

前回は、

筋膜性脊柱管狭窄症!

~内転筋とハムストの重なる部位~

というテーマでお伝えしました。

 

復習はこちらからどうぞ

筋膜性脊柱管狭窄症!~内転筋とハムストの重なる部位~

 

 

 

今回は、

筋膜性脊柱管狭窄症!

~脊柱損傷のベクトル方向~

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

 脊柱管狭窄症の患者さんになぜ筋膜?

 

インフィニティー。テクニカルアドバイザー石原です。

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

脊柱管狭窄症と言われどのように対処して良いのか悩んでいるあなた

 

このブログをご覧になっている程の方は

臨床現場でも責任をもって患者さんと向き合っている

患者さん想いの勉強熱心な先生かと思います。

 

症状名を聞いて少しあきらめモードになってしまっているのでは…

その様なセラピストの方へヒントやアイディアを…

 

前回までは部位別でしたが

 

今回は今一度、全体像をイメージしてもらいたいと思います。

 

座位姿勢が続くとその部位に負担がかかり続けるため

筋膜の破たん→血流が低下→感覚障害へと向かうのは前回まででお話しました…

 

 

ここもイスやソファーなどに座っている時

ぶつかり続ける部位とはいったいどこになるのか?!

 

生活が欧米化してイスの文化が生まれてから

ぶつかり続ける箇所を立位時からとらえてみましょう。

 

後ろからみた時

アーチ状にぶつかり続けています。

力の方向がアーチの中心に向かいます。

 

更に、椅子の生活プラス

パソコンやスマホ、デスクワーク、鉛筆、車の運転など

腕を長時間使用します。

 

その時、逆のアーチ状に力の向きが働きます。

 

そうです、その2つのアーチに挟まれる部位が

 

脊柱になるのです!

 

もちろん個人差はありますが…

 

脊柱管狭窄症のほとんどが

 脊柱以外のしわ寄せをうけています。

 

そのスタート地点を見極める判断力を養いましょう!

 

 

追伸

脊柱管狭窄症に特化したセミナーが30年1月28日に開催されました。

詳しいセミナー案内はこちら↓

https://goo.gl/87Rqi1

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

石原 大祐

Infinity【セミナー情報】

 

Infinity【公式メルマガ】

INFINITY