理想の高い自分を受け入れる

こんにちは!!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

木曜日「やる気スイッチ」担当の古谷です!

 

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、

本当にありがとうございます!

 

さて本日も、

私自身の体験に基づくマインドセットの一部を

ご紹介したいと思います。

 

前回までの計3回に渡ったマインドセット、

まだご覧になっていないという方はこちらをご覧下さい

↓↓↓

「思考の習慣を変える」

自分の思いを言葉にする

「セラピストの言葉が患者の人生をつくる」

 

さて本日は

「理想が高い自分を受け入れる」

についてお届けしたいと思います。

詳細動画です!

 

この題名を読んで、

恋愛系??笑

と思った方は残念ながら違います。笑

 

これは

私のマインドセットのためのアウトプットとしても

今すぐ書かなければならないと思った内容です。

 

今回は

私の体験話が8割〜9割ほどなので、

是非同じ悩みを抱えているセラピストの方は

参考にして頂きたいと思います。

 

早速ですが、

私は「理想が高い人」です。

 

この理想が高いとは

「自分自身に対する理想が高い」

ということです。

 

どういうことかというと、

何かやらなければならない状況のとき、

全てに完璧を求めてしまうということです。

 

そして完璧にできないと

その後に

たくさん後悔をしてしまったり、

常に

何でできなかったんだという気持ちに

かられます。

 

つまり

完璧を求めるがあまり、

失敗したときの反動を

直に受けるということです。

 

こうなると

中々切り替えることは難しくなります。

 

もちろん

理想が高いというのは

決して悪いことばかりではありません。

 

理想を高く求めることで

自分自身の目標を

高いところに設定することができ、

成長や行動を止めないマインドに繋がったりもするため、

ポジティブな要素もあります。

 

では上記で挙げた

マイナスの要素にしないために

大事になってくることは何か。

 

それは

「理想が高い自分を受け入れる」

ということです。

 

どういうことかというと、

理想を高く持ちすぎていることで

失敗してしまったときにダメージを受けるのではなく、

「失敗してしまった自分もまた自分自身なんだ」

と受け入れるということです。

 

理想が高いことは

何度も言いますが悪いことではありません。

 

ただ、もしその理想の自分を追い求める過程で失敗してしまった際は

一度立ち止まって

失敗してしまった

そのありのままの自分を受け入れることが大事なのです。

 

理想が高いのも自分。

そして上手くいかず失敗してしまうのもまた

自分自身なのです。

 

この学びを最近してから、

私はどこか心の重荷が降りたような感覚になりました。

これは

私の結婚相手が悩んでいる私に

アドバイスをしてくれた内容です。

 

こんな身近な人に支えられ

私はなんとかやってこれています。

本当に感謝しかありませんね!

 

私にとって理想が高いことは

「長所であり短所」です。

 

大事なことは

それを理解して受け入れること

だと思っています。

 

「過ぎたるは及ばざるが如し」

何事も程々くらいが丁度良いという意味の言葉です。

 

完璧を求めるあまり

苦しんでしまっている私のようなセラピストの方は

その失敗したありのままの自分を受け入れ、

この言葉の意味の様に

気持ちの部分に少しゆとりを持って進んで行って下さい!

 

と言いつつ私もまだまだなので、

一緒に進んで行きましょう!!笑

 

次回からのブログは

「やる気スイッチ」担当として投稿してきたマインドセットを一旦休憩し、

肩関節疾患について

様々な内容で皆さんにお伝えしていければと思います。

 

もちろんマインドセットの方も

今後書く機会がまたあると思いますので、

そのときまで楽しみにしておいて下さい!

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

古谷 琢

 

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92