治療結果を出す為に必要な【体】

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

治療結果を出すために必要な〜心・体・技〜

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

治療結果を出すために必要な〜心・体・技〜

 

今回は、

治療結果を出す為に必要な【体】

というテーマでお伝えしていきます。

 

前回は

心・体・技の3つが必要ですとお伝えしました。

 

今回は

【体】に絞ってお伝えしたいと思います。

 

おさらいですが、

まずは身体の使い方です。

 

自分自身の身体が

どれだけ緩んでいるのか?

 

どんな体勢や場所であっても

同じ身体の使い方をして

患者さんに一定した施術を提供できるか

という所です。

 

更にそうすることにより、

自分の体性感覚、手で触った時の触覚、

視覚、聴覚、臭覚などを

研ぎ澄ますことができるのか。

 

あとは自分自身の健康状態です。

 

例えば

自分の内臓が悪ければ、

患者さんの内臓の不調を

捉えることができません。

 

私は以前、

不健康だったのですが、

健康になっていく度に

施術効果は勝手に変わっていき、

身を持って知ることができました。

 

 

では、

どういう所でこれが発揮されるのかと言うと

 

私たちが患者さんに提供する施術力を

100%とします。

 

自分が出している治療を100%だとしたら、

そこに

患者さんからの抵抗力(防御収縮)

かかってきます。

 

例えば

こちらの身体の使い方が悪くて触り方が悪い

患者さんからも深部の治療をした時に

深部に到達せずに防御されると

自分が出している施術力から患者さんの抵抗力が減るので

治療効果が減ってしまいます。

 

なので、

いかに私たちは

自分の身体の使い方や感覚、身体の健康状態を良くして

患者さんからの抵抗を受けないようにし、

 

どれだけ自分の力を100%発揮できるのか

がすごく大事になってきます。

 

そう言う意味で

身体の使い方というのは

絶対にセラピストが鍛えないといけない所になってきますので、

 

そのような観点で

セラピストの身体作りや健康維持などを

意識して頂きたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92