最も血流量が必要な臓器とは?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

今回は、

最も血流量が必要な臓器とは?

というテーマでお伝えします。

 

あなたに質問ですが、

血流量を一番必要としている臓器はどこだと思いますか?

 

肝臓かな?腎臓かな?脳かな?

と色々と考えられますが、

 

正解は、

副腎

という臓器です。

 

この副腎という臓器は、

腎臓の上に左右一対あります。

 

想像してもらいたいのですが、

重さは3~5g、厚さ6mm、幅3~5cm

の豆粒みたいな臓器です。

 

なので、

『単位重量あたりの血流量が最も多い臓器』

ということになります。

 

言い換えれば、

豆粒みたいに小さいのに

血流を多く必要とする

とても重要な臓器だということです。

 

因に、

この臓器の栄養血管は、

下横隔動脈、腹大動脈、腎動脈

です。

 

なので、

横隔膜や大腰筋、腎臓の状態が悪いと、

血流が悪くなり、副腎にも影響するということです。

 

この副腎は人体にとって、

とても大切なホルモンを分泌する器官でもあります。

 

次回からはそんな副腎の働きをお伝えしていきたいと思います!

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92