日本人に牛乳って必要なの?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 関西支部長 健康マイスターの松本悠作です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

今回は、

日本人に牛乳って必要なの?

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

 

皆さんも気になる牛乳の話題です。

 

皆さんは、牛乳は日本人に必要だと思いますか?

これは、賛否両論あるかもしれません。

 

体の成長を助ける!

骨を強くする!

寝る前に飲むとぐっすり眠れる!

などなど

 

タンパク質不足であった日本人にとって、

豊富なタンパク源の一つとして牛乳は推奨されるようになりました。

 

動物性タンパク質の摂取源としては有用な食品であるとは思います。

ただ取りすぎると

「脱灰」を起こし骨が脆くなります。

 

しかし、

カルシウム摂取源として考えると、

日本人のカルシウム摂取量は米国人の約半分ですが、

骨粗鬆症の発症率が牛乳文化の米国白人は日本人の2倍あります。

 

また、

カルシウムの摂取率が高い国ほど骨折率が高い

「カルシウム・パラドックス」という有名な報告に加え、

カルシウム摂取率と骨折しやすさについて研究した

46の報告を分析した論文が2015年に発表され、

「食事からのカルシウム摂取率と骨折発生率には関連がない」と報告されました。

 

欧米で行われる研究はカルシウムの摂取方法は

乳製品かサプリメントであるのに対して、

日本人は

大豆や緑黄色野菜、海藻類や小魚などからの摂取が主であることも

根本的な違いが出てきます。

 

日本人を対象として大規模な研究で、

大豆に含まれる「イソフラボン」

骨からカルシウムの流出を抑える効果が報告されています。

日本人に骨粗鬆症が少ないことに関連があるかもしれませんね、、、

 

また、

日本人はぼぼ全員が

「乳糖不耐症」であり、

乳糖を分解できないためお腹を下します。

 

よって、

ちゃんと吸収できているのか定かではありません。

 

日本人の場合は、

タンパク質の摂取源やカルシウムの摂取源の

「補助」として考え、

メインとして考える必要はなさそうです。

 

日本人は、牛乳より大豆を!

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また来週!

松本悠作

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92