「 承認欲求を否定する」

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 理学療法士、スポーツトレーナーの古谷 琢です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

「 患者さんはあなたの写し鏡 」

という内容でお伝えしました

(復習される方は上記からどうぞ)。

 

今回は、

「 承認欲求を否定する 」

という内容でお伝えしていきたいと思います。

 

最近、私自身が

アドラー心理学

というものを少し勉強させて頂いていて、

 

その中で

腑に落ちたことを

今回はシェアしていきたいと思います。

 

早速ですが、

まず皆さんにお伝えしたいことは、

『他者の期待を満たすための人生ではない』

ということです。

 

これはどういうことかと言うと、

例えば

医療業界の中でも様々な職場があると思います。

 

上司の目線が気になってしまったり、

上司が部下の行う治療方法に否定的なことが多くて、

なかなか自分の持っている技術や

患者さんを良くするための最善の治療を提供できていない

ということで悩んでいる方がとても多いと思います。

 

でも、ちょっと待って下さい。

『一体それは誰のためにやっていることなのですか?』

という事なのです。

 

上司の期待を満たすために

それをやっているのでしょうか?

・・・違いますよね。

 

ほぼ全員のセラピストが

患者さんを良くしたいがために、

自分で休日も返上して勉強をしたり、

色んなことをやってきているわけですよね?

 

ここで大事になってくるのが、

『あなたが』どうしたいのか?

という点です。

 

つまり患者さんに

どうなってもらいたいのか?

 

あなた自身が

自分の持ってるもの全てを出して

患者さんを良くしていきたい!

 

そう思うのであれば、

上司の目線は

とにかく気にしないことが1番だと思います。

 

上司からどう評価されるのかというのは

自分では全く介入・関与できません。

 

他者は他者で考えがあるので、

他者に縛られ過ぎず

自分が最善だと思う道を選択して

それをやっていくというのが1番大事だと思います。

 

もちろん上司の方としたら、

ある程度ルールに沿って

リスク管理などの部分も含めての

意見でもあるとは思います。

 

なので、

これについては決して

何でもかんでも上司の意見は無視して良い

ということではありません。

 

しかし、

それを気にし過ぎて

なかなか自分の持っているものを出せない

という方は是非そういった考え方を持って

 

手段を問わずに思い切って

自分の持っているものを出していき

患者さんを良くしていくことが

患者さんにも自分のためにも

とても重要なことだと思いましたので、

 

今回この場でお伝えさせて頂きました。

 

この文章をきっかけに、

この様なことでお悩みのセラピストの方に

少しでも希望と勇気を与えるお手伝いが

できていればとても嬉しいです。

 

今日はこの辺りにしたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

古谷 琢

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92