【自律神経失調症と感情ストレスの関係!!】

 

こんにちは!

Infinity代表の川西翔太です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、

本当にありがとうございます!

 

本日は、

自律神経失調症と感情ストレスの関係

をお伝えします。

 

 

 

自律神経失調症で

悩まれている方の

感情ストレスに

複数のパターンが存在します!

 

 

 

特徴としては、

根底の価値観として、

自由、楽しさ、無邪気さなどの価値観を大切にして、

繊細であり、スピリチュアル的な感覚も持っているが、

 

 

①人見知りで、

実は寂しがり屋のかまってちゃんで、

自己評価が低く、

夜になると闇落ちしてしまう

 

 

 

②自分が何者か分からなくて、

自分の存在意義が分からない

などの感情レベルに未完了があるため

ちょっとしたことがきっかけで、

感情や精神面が不安定になりやすく、

 

 

 

頭痛、めまい、耳鳴り、

動悸、不安症、躁鬱などを

心身症状のサインとして出します!

 

 

 

ちなみに僕も1年半前は

①と②の未完了があったので、

1週間に1回治療院を休みにして、

鬱みたいに部屋に

閉じこもっている時期もありました(笑)

 

 

 

では、このような方に

どのようなアドバイスをすれば良いのか?

 

 

 

その前にメンタルアプローチの前提として、

自分の感情レベルを完了させないと

相手の感情レベルや

相手の気持ちは分かりません。

 

 

 

なので、Infinityでは

患者さんを良くするために、

自分自身に向き合い、

成長させることを大切にしています。

 

 

 

目の前にこのような患者さんが

来るということは、

自分にもそのような一面があるということです。

 

 

 

ここで僕から宿題です。

①の感情パターンを持っている方は、

「私がついつい話が長くて、

説明ばっかりしてる所ってどこ?」

「私が存在していて、

ためになっている所はどこ?」

②の感情パターンを持っている方は、

「私のかまってちゃんの所ってどこ?」

「私の良い所ってどこ?」

と3人以上の周りの親しい人に

聞いてみてください(^-^)

 

 

 

 

そうすれば、

自分の枠の外側からの答えで、

自分自身に気づくことができますよ(^-^)

 

 

 

ここがメンタルアプローチの

本当の意味でのスタートラインです。

先日、私が自律神経失調症の方に

このワークをした所、

 

夜の不安さがなくって、薬を手放せた

 

受講者さんがパーキンソン病の人の腰痛を

メンタルアプローチだけで改善させた

 

などのケースもありました!(^-^)

まずは自分自身に向き合いましょう!

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

 

川西 翔太

 

追伸

自律神経失調症にアプローチできるようになりたい方はこちら

4/7(日)
頭痛・生理痛×ストレス×栄養セミナー
https://goo.gl/u6g1f8

5/5(日)
自律神経失調症アプローチセミナー
https://goo.gl/WZtQmC

6/2(日)
脊柱管狭窄症×栄養アプローチセミナー
https://goo.gl/QQivmU

7/7(日)
変形性膝・股関節症×靱帯×栄養セミナー
https://goo.gl/UoamQN

エキスパートコース(全3回)
4/28(日) エキスパートI
生体反射検査セミナー

5/26(日) エキスパートⅡ
感情ストレスアプローチセミナー

6/23(日) エキスパートⅢ
視力・老眼回復アプローチセミナー
https://goo.gl/W3eHNu

プロフェッショナルコース(年間コース)
毎月第2日曜日

※フロントセミナー受講者のみ参加可能