【なぜ、セラピストが感情ストレスアプローチを学ぶ必要があるのか?】

 

 

こんにちは! 

 

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

 

Infinity 代表の川西翔太です。 

 

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、 

 

ありがとうございます! 

 

 

 

今回は、 

 

【なぜ、セラピストが感情ストレスアプローチを学ぶ必要があるのか?】 

 

というテーマでお伝えしていきます。 

 

Infinityの川西と石原です。 

 

今度、Allアプローチ協会とのコラボセミナーがあり、

感情面の内容を出すのですが、

セラピストが感情面を学ぶ必要性を

今回はお話ししていきたいと思います。 

 

 

石原:

感情面を学んでみてとか意識してみて

どういう風に変わったなどありましたか? 

 

川西:

もちろん物理刺激とか食事指導だけでも

取りきれない症状などを患者さんの悩みを取ることで

その症状を改善できるところが

まずはあるのかなと思います。 

 

 

石原:

心身の悩みと言いますが

それが体にまで影響を及ぼすということですよね。 

 

僕の治療院に来ていた人でも

腰痛や頭痛にしてもそれが起こる理由が

例えば大腰筋とか臀筋とかよくいいますが、

そこに負担がかかる理由が肝臓とか腎臓を経由して

そこまで行くことがあるじゃないですか。 

 

ではなぜ肝臓や腎臓に負担がかかるかと言うと、

栄養がよくないなどが考えられます。 

 

その理由として外食が多いとか買ってきたものが多い。 

 

なぜ多いのかと言うと

家族間や職場間が上手くいっていないなども

考えられますよね。 

 

では、なぜ上手くいっていないのかと言うと

人間関係や感情面が上手くいっていない

と言うのが患者さんに非常に多いですよね。 

その中でも患者さんにセルフケアを提案しても

スルッと改善する方とそうでない方がいますよね。 

 

似たような治療や悩み、重症度なのに

全然違ってきたりする背景には

何があるのかと言うことですよね。 

 

 

川西:

患者さんとのコミュニケーション能力が

上がる感じがします。 

ちょっとした言い方、立ち振る舞いで

患者さんとの人間関係が上がる

と言うところなのかなと思います。 

 

石原:

結構多いのがセラピストさんをみていると、

こう言わなければいけないんだ。と言う方が多く、

それに当てはまらない人が無理して同じ対応をしていて

果たしていいのかということですよね。 

感情面がどのような対応を求めているのかを

知っておく必要があると思います。 

 

 

またシリーズ化してお伝えしたいと思いますので

楽しみにしておいてください。 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました! 

 

それでは、また明日! 

 

川西 翔太 

 

追伸 

 

①Infinity×ALLアプローチ協会コラボセミナー 

感情ストレスアプローチ×エネルギー治療を学びたい方はこちら 

https://goo.gl/A9rFhb 

 

 

②2019年最新セミナー情報 

https://goo.gl/ftPgpv