患者さんの悩みや不安に労い、共感できていますか?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太と申します。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

今日は、step1の続きである、

 悩み・不安を聞く、労い・共感をする

事についてお伝えしていきます。

詳細動画です。

 

 皆さんは、患者さんの抱える悩みや不安に対して、きちんと労い共感できていますか?

 

 まず、患者さんと人間関係を構築する上で重要になってくるのでが、この悩みや不安に対しての労い共感です。

 

 患者さんは、悩みに悩んで勇気を出して、病院や治療院にいくわけですよね。

 

その中で

「どんな悪い事を言われるのかな?」

「どんな先生なのかな?」

「どんな治療をされるのかな?痛くないかな?」

 など様々な不安を抱えられて私達の前に来られます。

 

 そして、悩みや不安を聞いていく中で

「大変でしたね。」「しんどかったですね」「痛かったですよね」

「勇気を出してよく来てくれましたね」

 といったようにまずは、患者さんの気持ちになってしっかり労い、共感を行って下さい。

 

くどいほどの労い・共感行って下さい。

 

といっても中々、言葉に出せないという先生方もいらっしゃると思います、

そんな方は、相手の話すスピードに合わせて、相槌をうって、しっかり話しを聞いてあげて下さい。

 

このように労い共感すると、患者さんに熱心に親切に話しを聞いてくれる先生と思ってもらえ、より良い人間関係を築く事ができるので、

是非、実践してみて下さい!

 

次回はヒアリングについてお伝えします。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それではまた明日!

川西 翔太

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92