幸せホルモンはどこで作られるのか?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

生理痛と大腸の関係

というテーマでお伝えしました。

(前回の記事はこちら)→生理痛と大腸の関係

 

今回は、

幸せホルモンはどこで作られるのか?

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

 

タイトルにもある幸せホルモンとは、

【セロトニン】

の事です。

 

あなたは

この幸せホルモンである、

セロトニンはどこで作られるか知っていますか?

 

セロトニンは

腸、脳、血小板で作られます。

 

割合は

腸で90%、血小板で8%、脳で2%

作られます。

 

消化管で生成されたセロトニンは血小板中に取り込まれるので、

事実上、

98%は腸でセロトニンが作られることになります。

 

それぞれの働きはと言うと、

腸では

蠕動運動に関わります。

 

セロトニンが過剰だと、下痢になり、

セロトニンの分泌が少ないと、便秘になります。

 

血小板では、

血液凝固、血管収縮、疼痛閾値調整、脳血管収縮調整

などを行ってくれます。

 

脳では、

縫線核群が生成しますが、

生体リズム、睡眠、体温調整、感情、精神をコントロールしてくれます。

 

これだけセロトニンは様々な作用があるので、

とても重要なホルモンと言えます。

 

なので、

腸内環境が整っている=セロトニン生成が行い易い

という事であり、

腸内環境は大事だということです。

 

INFINITYでは、ファスティングという手段を用いて、

腸内環境をリセットする方法を推奨しており、

そのファスティング実践中に

爽快感や幸せ感を感じることがあるのですが、

それはセロトニンが分泌されているからとも言えます。

 

是非、腸内環境を整えたいと思われている方は、

ファスティングにもチャレンジしてみて下さい!

 

ファスティングマイスターの資格を持つ

当協会のスタッフがサポートしてくれますので!

 

次回は他にもセロトニンを分泌させる方法がありますので、

その事についてお伝えします。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92