生理痛×血管・内臓・栄養アプローチ〜Part2〜

こんにちは! 

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

Infinity 代表の川西翔太です。 

 

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、 

ありがとうございます! 

 

 

 

 

今回は、 

 

生理痛×血管・内臓・栄養アプローチ〜Part2〜 

 

というテーマでお伝えしていきます。 

 

 

 

 

前回の続きになるのですが、 

 

今回は 

 

・痛みが強い 

 

・期間が短い 

 

・量が少なく、サラサラ 

 

の方の症例報告をしたいと思います。 

 

 

このような方は、子宮の排泄機能よりも 

 

妊娠を成立させる準備が 

 

うまくいっていない方が多いです。 

 

 

炎症+排泄+循環+歪みと 

 

ホルモンの分泌量が関係してきます。 

 

特に 

 

・エストロゲン 

 

・プロゲステロンです。 

 

 

 

 

ホルモンは前回話した内臓の箇所と 

 

プラスして 

 

副腎や卵巣、子宮、下垂体にも視野を広げて 

 

治療していく必要があります。 

 

 

 

 

・痛みが強い 

 

・期間が短い 

 

・量が少なく、サラサラ 

 

に問題があるのかを診るのと 

 

副腎・下垂体・卵巣・卵管の動静脈を 

 

プラスしてみていくと 

 

 

 

今回のような 

 

・痛みが強い 

 

・期間が短い 

 

・量が少なく、サラサラ 

 

の方の対応もできますので 

 

ぜひ参考にして頂きたいと思います。 

 

 

 

 

中には前回のような 

 

・痛みが強い 

 

・期間が長い 

 

・量が多く、レバー状 

 

との混合パターンもいらっしゃいますので 

 

混合パターンの方は 

炎症+排泄+循環+歪み+ホルモンの 

 

5つのパターンからなるので 

 

ここはしっかりと検査をして 

 

的確に治療をしていけば 

 

必ず改善していきます。

 

 

 

この辺りも参考にして頂いて 

 

生理痛に悩む方をサポートしていただけると思います。 

 

 

 

今日も最後までお読み頂き、

 

ありがとうございました! 

 

それでは、また明日! 

 

川西 翔太 

 

 

追伸 

生理痛改善アプローチを学べるセミナーはこちら 

①血管×内臓栄養アプローチセミナー 

https://goo.gl/voSAow 

 

②神経×筋反射アプローチセミナー  

https://goo.gl/tbrgu4