太陽の光は皮膚に良いのか?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

皮膚から細胞代謝と全身循環を改善させる方法

というテーマでお伝えしました。

 

今回は、

太陽の光は皮膚に良いのか?

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

今回は、

太陽の光と皮膚の関係についてです。

 

皮膚にとって、太陽の光はとても大事で、

太陽の光は、皮膚の栄養みたいなものです。

 

もっと言えば、

太陽のエネルギーを皮膚から吸収することができます。

 

よく紫外線はよくないとか、

皮膚がんになるとか、

色々と言われていると思いますが、

適切な時間に適切な量の太陽の光を浴びれば問題がありません。

 

それどころかむしろ身体にとってプラスに働きます。

私もこれを教えて頂いた時は、驚きました。

 

では、

いつ浴びればよいのか?

皮膚の刺激を狙うのであれば、

正午12時がベストです。

 

眼などと違って、

皮膚は

ある程度の太陽の光の刺激は

大丈夫なようにできています。

 

では、

適切な量はどうすればよいのか?

 

ということになりますが、

これは出身の地域や

その人の皮膚の特性によって変わってきます。

 

例えば、

秋田美人の肌の白い人と沖縄美人の肌が小麦色の人と

一緒に海に行ったとします。

 

この場合だと、

沖縄美人の人とは海やビーチで長く遊んで、

日に焼けてもある程度は大丈夫ですが、

逆に秋田美人の人が同じような事をすると、

逆に皮膚に過度な刺激になってしまいます。

 

後は、

日に焼けると肌が真っ赤になる人は、

あまり太陽の光を浴び過ぎない方が良いとも言われています。

 

他にも太陽の光を浴びると、

皮膚だけでなく、

脳の松果体からでる抗酸化作用、

IQ向上、良質な睡眠、免疫向上に関与する

メラトニンホルモンの分泌も調節してくれるので、

とても大切です。

 

特にセラピストは、

一日中陽に当たらない事が多いと思います。

 

なので、

太陽などの自然を避けるのではなく、

太陽などの自然と共存していくことが

心も身体も健康にするための第1歩だと思います。

 

あなたも

【自然と共存】

する習慣を意識してみて下さい!

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92