大腸治療の評価方法(下行結腸〜S状結腸)

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

大腸治療の評価方法(回盲〜上行結腸)

についてお伝えしました。

 

今回は、

大腸治療の評価方法(下行結腸〜S状結腸)

についてお伝えします。

(動画でより詳しくお伝えしています)

 

 

ブログには、ポイントだけまとめておきたいと思います。

<上肢>

・左母指球近位部(S状結腸)

 

<体幹>

・左第3肋骨外側(S状結腸)

・L2/L3の間左側(下行結腸)

・L3/L4の間左側(S状結腸)

 

これらの部分の硬さや圧痛が診られたら、

大腸が疲れているサインなので、

このようなサインが診られた方に関しては、

大腸治療を選択してみて下さい!

 

「大腸治療の方法が分かりません!」

という方に関しては、

INFINITY の公式メルマガに登録して頂くと、

各内臓の治療手技を公開していますので、

早速、実践してみたい方はhttps://goo.gl/3vmoqP=(こちら)

から登録して頂けると幸いです。

 

今日は以上になります。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92