大地のエネルギーと栄養の関係②

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

大地のエネルギーと栄養の関係①

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ→大地のエネルギーと栄養の関係①

 

地球の中心には、

水素、酸素、炭素、窒素が含まれる

大地のエネルギーが豊富なマグマや岩石などの大地があって、

その上に砂、土、水、植物の順番で成り立っており、

 

さらにその植物を食べる動物

さらにその植物を食べて育った動物を食べる人間

という食物連鎖と地球の構造をお伝えしました。

 

では、なぜ、

植物は土で育つのに、砂地で育たないか知っていますか?

 

 

この違いは、

微生物(菌やバクテリア)が住んでいるかいないかの違いです。

 

この菌達がミネラルなどの栄養素を消化して、

植物の根っこに押し込んでくれています。

 

実はこれは私達の腸の構造と全く同じです。

 

私達の腸の中にも数えきれない程の

腸内細菌が腸の腸絨毛と呼ばれる所に居てます。

 

そして、これを覚えておいて下さい。

 

腸絨毛=根

なので、

植物と同じように

腸絨毛に腸内細菌がいるからこそ、

僕たちの体内に色々な栄養素を送ってくれています。

 

生物学では、

動物が動けるのは身体の中にこの根を隠すことを

覚えた事で動けるようになった

とも言われています。

 

このような身体の仕組みがあるので、

もっと言えば、

私達が食べる食事は

腸内の菌達にエサ(肥料)を与える為

といっても過言ではありません。

 

現代では菌は悪者で、

除菌、殺菌という風潮ですが、

私達の周りにどれだけの菌が居てるか知っていますか?

 

土を手でひとすくいしたら

その中には、

現在の地球上の人間の数と

地球が誕生してから今までのこの世に生まれてきた

人間の数を足した数よりも多いそうです。

 

どちらかと言えば、

私達が菌の世界に住ませて頂いているようなものです。

 

なので、

私達は地球の仕組みと身体の仕組みを考えた上で

菌と共生して、

生活していく事が大事になっています。

 

人の身体の健康に関わる上で、

本質になるところでもあるので、

是非、知っておいて頂ければと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92